ヤミ金はどんな世界にも存在するが正規のな金融業は安定した法と秩序の上にしか成り立たない、
つまり消費者向け金融業が存在するのはある程度経済的に豊かな国だけだ、

マレーシアではこの手の銀行以外の金融業者を良く見かける、

マジックミラーで中は見えない、

中で何が行われているか判らないと言うのは不気味だが、派手な看板はそれを和らげているつもりなのだろうか?

しかしカネ貸しのネガティブさは抜けきれるモノでは無い、、、これはニホンでも同じ、

そう言えばムスリムは金利を否定しているがこの店は利率を表示している、

50,000リンギットまで貸すそうだ、

 さて、いったい中では何が行われているのでしょうか?