どうやって探せばいいのかを解説する、
皆さんもも検索して調べるだろうが、紹介されている方法はだいたいこの3つ、
1、日本語の通じるリアルターを使う、
2、貸しアパートメントを紹介しているサイトが有るのでそれを使う、
3、歩って探す、
ある程度余裕が有り楽をしたい人はリアルターに依頼するのは有りだと思う、しかしこの方法のオチは、高級物件しか紹介しない、
紹介するだけで後々のトラブルには関知しない、出口戦略は無しと言う事、
物件を紹介しているサイトは私が発見しただけで3つ有る、
ddproperty⇗
renthub⇗
hongpak.in.th⇗
それぞれにenglishページが有るので検索してみよう、各物件に地図も載っているのでgoogleマップとかで外観を見る事も出来る、日本での不動産探しと同じ、良さそうな物件にアタリをつけたら貸し主にコンタクトを取る、方法は3つ、いずれもサイトに表示されている連絡先、実際にやってみるとこうなった、以下私の経験から、
email
sms
phone
emailは100%返信が来ない、
smsを送ってみる、emailでも同じだが内容は単純な英語だ、I saw your apartment in renthub,
が返答は来ない、
最後の手段はphone、音声通話、これは歩って探すでも同じなので解説は後に回す、
歩って探すのは文字通りそのまま、足で探した物件にその場で聞いてみる方法、実際にやってみて空室を見せてもらった事は何回かある、これが一番簡単だ、対面なので言葉はgoogle翻訳が使える、しかしこの場合の問題はある程度高級な物件に限られてしまう事、言い換えるとサービスアパートメントと言われる物件に限定されてしまう事、しかし一番確実な方法だ、この方法で決めてしまっても良いと思う、
しかしもっと安い、あるいはタイ人と同じ様なアパートメントに住みたいと言った人はさらなる探索が必要だ、しかしそれをやるのは私の様に海外生活に長けた人でないと難しいかも知れない、
さて、ここで私の個人的な話になるが、私が住みたいのは長屋みたいなアパートメントだ、街を歩くと良く見かけるヤツ、1階か2階建てで外から生活が丸見え、みんなでごはん食べてたりする感じのヤツ、あっちの方が断然安いハズ、また近所の大学生に聞くとタイでは2階より1階が人気、北や東向きも人気だと言う、私はこう言う点を考慮しその手の物件を歩って探してみた、
物件はいろいろ目に入るが、その中で空き部屋が有る場合は住んでる様子が無いので見当が付く、その旨のタイ語と携帯電話番号が記載されたサインが掲示されている事も多い、すると大家さんは別の場所に住んでいると言うことになる、よって電話でコンタクトする必要が出てくる、
こんな感じでかける、
I am japanese, i am at your apartment now,
すると、サイトで見た場合でも実際の現場で見つけたアパートメントでも音声通話した時の反応は3つ、
切られてしまう、
英語で対応してくれる、
後ほど英語の判る人から電話がかかってくる、
切られちゃったらもうダメ、後ほど英語でsmsを送って要件を伝えても返信は来ない、英語で対応してくれる人も何人かは居た、また後ほど英語が出来る人から折り返してくると言うパターン有った、それらの場合はラッキーで、日時を決めて大家さんに部屋を見せてもらう、
私が実際に借りたアパートメントはこのパターンだった、

---

タイランドでアパートメントを借りる 2020
能書き
交渉の仕方と出口戦略