すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: バックパッカー

タール火山の詳細については他のブログをご参照下さい、このブログは見に行く為のテクニックだけを説明します、


タール火山を見に行く行程はこんな感じになる

タリサイのボートステーションからパワーボートでタール火山島へ、
馬に乗って山頂まで移動、
勝手に見る、
馬で島の岸まで戻る、
パワーボートでタリサイへ、

と言う訳でまずはタリサイに拠点のホテルを確保しなければ行けない、それについてまず説明する、
タリサイへの行き方と帰り方
定番のコースはバスでマニラからタガイタイまで行き、そこを拠点に火山を見に行くと言うモノ、
日本人向けのツアーもそんな感じらしい、
ツアーの人はアテンダントに任せるとして、個人で行く場合の行き方を実際に私が行った体験を交えて説明する、
また私はタガイタイにマニラ以外のルートで入った為マニラからタガイタイまで移動する方法については経験は有りません、検索すると数多く出ますのでそちらを参考にして下さい、
タガイタイからタリサイへの移動
ジープニー等公の輸送期間は無い、有るのはトライシクルだけ、私が乗ったトライシクルはタガイタイの東、ちょうどタリサイに下る道の分岐のところだったが値段は200ペソ、
距離にして8km程度なので高いと思うがドライバーの話では「タリサイに行っても帰りの客を拾えない」との話だった、隣に立っていたポリースマンの話では下と上では交流が無い、との事、
タリサイからマニラへの戻り方も書いておく、タリサイからまたタガイタイまで戻れる勇気の有る人は良いが、タリサイ東のテナウアンまでジープニーで行き、マニラ行きのバスに乗る方がクレバーでチープ、タリサイのジープニー乗り場はシティオフィスの前、TANAUANとサイネージの掛かったジープニーに乗ろう、

27ペソ、約30分、テナウアンのジープニー乗り場で降りたら東に歩き大通りへ、バスストップはここ⇗、LRTと書いてあるバスがマニラに行く、107ペソ、約3時間、マラテの南側まで行く、

タリサイのホテル
私が泊まったのはOYO120BalaiSofia、
booking.comで予約、OYOなので嫌だったが他に安宿のチョイスは無かった、支障は無かったがこのOYOは金土は値段が上がるので注意、あとはリゾートホテルみたいなのが数件有るみたい、

さて、実際のボルケーノツアーについて説明しよう、
ボートステーションは2ヶ所有る
ひとつはセブンイレブンを東に行ったところに有るマーケットの近く、
もうひとつは街の西、タガイタイに向かう道を右手にちょっと歩くと看板が有る、
私は街の西のオペレーターの方を選んだ、理由は料金だ、往復1,000ペソで交渉がまとまったから、
これら2つのオペレーターの話を総合すると、タール火山の観光料金はすべて公定だそうだ、抜粋するとこうなっている、
パワーボート 2,000pesos
500pesos
入場料 100pesos

これらは行政で決められているので値引きは出来無い、
とは言ってもこの観光は年中盛っている訳ではない、季節や時間によっては暇を持て余してしまうみたい、実際に私が行った日は閑散としていた、よって交渉によっては”特別に”安く載せてくれるらしい、
そんな事は知らずに交渉していたが、セブンのところのオペレーターは1,300ペソだと言うが私はcannnot affordだった、タガイタイのオペレーターに値段を聞かずにこっちからズバリ1,000ペソと持ちかけるとあっさりOK、

実際のツアーはこんな感じで進んだ、
まずサインアップする、
名前を書くだけ、
ボートドライバーと一緒にステーションへ、
ボートに乗り約30分で島の岸に到着、
ドライバーはボートを岸の係留所に縛ってくれたおばさんに50ペソ払えと言う、
まあ良い、払う、
続いて入山料100ペソ
馬に乗れ、

判った、乗る、500ペソ払う、往復だそうだ、ここでボートドライバーは待機モードに入る、続いて馬のハンドラーに交代、
馬は乗った方が良い、岸から山頂まで人間が歩ける様な道は無い、歩いたとしたらかなり汚れるだろう、転んだりしたら真っ黒になる、
馬は馬と言うよりポニー、普通の馬よりちょっと小さい、しかし馬力と言う言葉が有るがものすごくパワフルだ、人間を載せて山をグイグイ登っていく、ハンドラーは歩き、
ホースハンドラーは簡単に火山の説明を始めるが、どこの国の人はチップをたくさんくれる、どこのは少ない、と言う内容も混ぜてくる、要するにチップのおねだりだ、
日本人は来るのか? 1日15人位は来ているが今日は来てない、、、そうだ、
道中2つのトラップが有るので説明しておく、
1つ目はハンドラーへ飲み物を買え、途中の飲み物売り場で老婆がそんな事を言っているが買わない、、、買うんだったら馬の方に買ってやりたい、
2つ目は記念写真、カメラを持った男が近づいてくる、さっきの飲み物の件が有ったので予防出来た、nonono no thank you! ちなみに撮られると後でこう言うのを買わされる、
値段は知らない、、、400pesosくらい?
ふもとから3kmくらいか? やがて山頂に着く、20~30分したら戻ってこい、と言われ後は自由行動、お店が有る、くつろいでいる人、飲んでる人、
左右に道が伸びている、東の方は何か有るが人気が無い、
西の方には煙が吹き出しているところが有り見ている人たちも、
歩って行くとここからはまた入場料が必要みたい、50ペソ
吹き出る蒸気、温泉の臭い、
30分位して馬に戻る、また馬に乗って今度は下る、ふもとでホースハンドラーには200ペソチップ渡した、
ボートドライバーのところに連れてって貰う、おばさんがひとり立っている、彼女は私の母なんだ、一緒に載せて良いか? no problem、
30分程でタリサイに到着、ドライバーにはチップを100ペソ渡した、ホースハンドラーやボートドライバー、チップはあげるべきだと思うが、だいたいこんな額で良いと思うけど、どうでしょうか!?

経費一覧
パワーボート 1,000
係留料 50
入場料 100 火山入口
500
入場料 50 火山西部
チップ 200 ホースハンドラー
100 ボートドライバー
---------------------------------------------------------
合計 2,000

なおパワーボート代を1,000ペソにディスカウントした事は人に言うなと言われているのでこの件は日本人だけの間の秘密にしておいて下さい、

カシュガルから陸路でキルギスのオシュに向かう国境超えルートが存在する、トライする日本人も居る様でブログで内容を公開している人も、
私はカシュガルから大阪までのリターンチケットを持っているので今回は行くつもりは無いが、国境の手前までは足を伸ばしてみようか、と言うのが今回の計画、
ウチャと言う街に中国側のイミグレが有るそうだ、そこまでは行っても大丈夫なハズ、そして辺境の街を見て帰って来よう、自然や山々は壮観だそうだ、

と言う訳でこの記事は中国側の国境の街、ウチャに行った記録です、時系列的にそのまま書きます、何が言いたいのかは読んでればそのうちわかります、

カシュガル市内からバスターミナルへ
バスターミナルは市街の東北にある、28番のバスで行けると言う、実際にバスストップの路線図を見て私が乗ったのは20番、

料金1元、

20分程度でバスターミナルへ、

バスターミナルからウチャへ
バスターミナル構内もセキュリティをくぐって入る、チケット売り場が並んでいる、地名の表示が掲げられているが全部同じみたい、
ひとつに並んで「ウチャ」と発音してみると通じた、パスポートを見せろ、多少時間がかかる、後ろの人が覗き込む、料金34元、
渡されたチケットには私の名前が入ってる、

乗り場にはまたゲートが有りチケットとパスポートを見せて入る、
あれがウチャ行きだと示される、普通の乗用車、
助手席にひとり、後部にはロシア系の美人がひとり乗っている、私を入れて4人なのでもうひとりで出発だろう、
しかしそのもうひとりはなかなか来ない、ロシア美人はスマホの翻訳を使って、「you would like to pay more 33yuan for your family」とか見せてくる、「i m not that rich」、
やがておじさんがもうひとり来て車は出發、2:30pm、と、こんな感じで出発する事は出来たが

さて景色は?
カシュガル空港を右手に過ぎ車は北上、さて壮観な自然山々だが印象は薄い、道路沿いの山々は開発が'進んでいるのだろうか、削り取られた様な岩肌が多い、
あんまり、と言ったところだ、

帰れるのか?
ウチャからカシュガルに向かう車をほとんど見ない、トラックにたまにすれ違うだけ、すると考える、帰りの車は有るのだろうか?

トラブル編
ウチャまであと数キロの検問施設みたいなところで車は停止、ドライバーは我々を降ろしてその建物に誘導する、さてここからが大問題
セキュリティをくぐりパスポートを渡すとイミグレ官か警察官か分からないオフィサーが私に尋問を開始、
キルギスに行くのか?
荷物は?
行かないならウチャに何しに来た?
ウチャの自然を見に来ただけだ、この後カシュガルに戻る
会話はお互いのスマホの翻訳を使って行われるが、どうも話は進まない、その内ドライバーがやってきて大声を出し始める、ケンカが始まってしまった、ここでもう私は諦める、
わかった、ウチャには行かない、ここからカシュガルに戻る

結局パスポートを預かられ、私は今乗ってきた車のドライバーを待ちカシュガルに戻る事になる、ドライバーとオフィサーがそう打ち合わせをした様だ、

ここはどこ?
外に出て良く見てみると、ここは常設の検問所らしい、ハイウエイの料金所と言った感じ、便利店やトイレも有った、

写真は頼んで施設外だけを撮らせてもらったモノ、

カシュガルに戻る
やがてドライバーがウチャから戻ってきた、乗れ、カネを払えと言う、40元出してみると140だと言う、中略、結局130払った、

さて、またカシュガルまで70km、

ドライバーは勝手に客を乗せカネを取っている、

これがドライバー、

カシュガル空港の手前にセキュリティチェックポイントが有り、またパスポートを見せろ、
カシュガルのホテルはどこだ?
いつカシュガルから出る?
と言う訳でやっとカシュガルに戻れました、

まとめ
ウチャへはキリギスに出国する人でないと行けないみたい、
この様に同乗者に迷惑をかける結果になるのでやらない方がよい、


場所はここ、LOTTE Martからの位置はこうなる、

入場料40,000dong、

靴を脱いで入る、

中はこんな感じ、

すべての家具調度品が逆さまに据えられている、


facebookにもアカウントが有る、https://www.facebook.com/nhaupnguoc/⇗
ブンタウGOと言うサイトにも、 https://vungtau-go.com/ja/restaurant/cafe/upsidedownhouse/⇗

タンソンニャット国際空港からブンタウのバスターミナルまで直接行く方法です、復路も直接エアポートまで戻れます、

国際線で入国した人は国内線のターミナルに移動しよう、
国際線のターミナルを出ると、出迎え待ちの人が群がっているので、それを右に行くと国内線のターミナル方面に行く、

国内線のターミナルを背に道をはさんだ向かいにバスターミナルが有る、

ブンタウまでの直行バスも有る、いくつか有るみたいだが、私が乗ったのはAVIGOと言うオペレーター、写真は案内だけするカウンター、

値段は片道160,000dong、
乗った後に支払う、
途中1回休憩有り、

到着地はブンタウのバスターミナル、

下記がバスターミナルの場所、ロッテマートの北側、

出発頻度は30分から1時間毎くらい、
ブンタウまでは2時間半くらい、
目的のホテルが有る場合は、事前に伝えておくと近くで降ろしてくれる、

帰りはブンタウバスターミナルへ行き、誰か近くの人にタンソンニャットエアポートと言えばオペレーターを教えてくれる、

検索するとベトナムのバイクレンタル事情は把握出来る、まとめるとこんな感じ、
○借りるにはパスポートを預けるか、米ドルでデポジットが必要、
○ノーヘルは違法だが、捕まったらワイロを払えばOK、
○しかし元々ベトナムではレンタルバイクは違法、
なんか頭が硬い人が多いみたい、私はブンタウで実際に借りてみたがこんな感じだった、

どこで借りられる?
XE MÁY がバイクレンタルを意味するらしい、バイク屋等でこの文字が掲げられているところは貸してくれる、
私はgoogle mapを使い検索、ホテルの近くに有る Thuê Xe Máy Vũng Tàu を訪ねてみた、

しかしそれらしいお店は見あたらない、近所の人に訊いてみると、このホテルがやっているらしい、

レセプションにバイクを借りたい旨伝えると、ちょっと待て、
しばらくすると近くの別の建物から若者がバイクを持って現れた、


どうやって借りる?
料金は150,000dongだそうだ、パスポートを出せと言う、
日本円で700円くらい、値段は良いとしてもパスポートを預けるのは抵抗がある、
私は自分のホテルのカードとキーを見せ、パスポートはホテルが持っていると説明、
すると納得した様で、ホテルカードに私の部屋番号を記している、おカネを支払うとそれでOKみたいだった、

トリックはこうだ、ベトナムではホテルの宿泊中パスポートをレセプションに預けておく事になっている、このレンタルバイク屋もホテルの一角を借りて営業している以上それを知らない訳がない、なのでそう主張されたらこの様に対応するしかないんじゃないか!?
これで終わりだ、あっけない、
ちなみに私はホテルにもパスポートを預けるなんてリスキーな事はしていない、この時も実際には持っていた、なのでこの条件で借りられた以上このままトンズラしてもワカラナくなるのだが、、、バイクは夕方キチンと返した、みなさんもそうしましょう、
tomorrow morning、と強調しているので期間は24時間みたい、あとヘルメットも付いている、チェーンロックは付かないのでイグニションロックのみ、

警官とヘルメット
1日乗っていたが、一度もヘルメットはかぶらなかった、ポリスマンと目が合っても問題無かった、中心部でも郊外でも同じ、

トリックはこうだと思う、本則はブロクに書いてある通りなのだろうが、実際の現場のポリスマンにとっては外国人の取り締まりなんてメンドーなだけだ、言葉が通じない、黙ってワイロを払ってくれるのなら良いが、逆にそんなモノを要求したらその時点で警察権力は使えなくなってしまう、

ブンタウでどこに行く?
ブンタウ東側にもうひとつ街が有るが、私はそこを見に行った、


その他
○ガソリンは20,000dongずつ入れている人が多い、昼間一日走っても2回の給油で十分、ガソリンをペットボトルで売っている雑貨屋は無い、
○右側通行、ブンタウ中心部では皆運転が荒い、

↑このページのトップヘ