すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: プチハッカー

結果から言うと発注に成功した、注文はすんなり通った、彼らはこのスマホを日本に送るみたいだ、
と言うのは米国のアマゾンは商品によっては海外には発送しないモノがあるため、コンピュータ機器とか、しかしこのスマホは大丈夫な様だ、

そして今日注文した理由はamazon.comでの販売が再開されたから、メディアでのpixel 4aの販売開始発表後amazon.comでもすぐに販売が開始されたのだがすぐout of stockになった、本日見てみると注文出来る状態だった、よってput on an order、

注文の明細は下記、pixel4a

デリバリー予定は今日8/21注文で到着9/18~10/2、
プライスは$349は米国のgoogle playと同じ、
shipping cost$11.18、日本にこの値段で送ってくれるなら安い?
import fees deposit $32.85、これはケータイの輸入消費税みたい、
合計$394.02☓¥105.60=41,608;レートは2020/8/21、

なんでわざわざ米国から?
日本ローカルのモノは使いたくない、nfcとかfelicaとか要らないし、あとlteのバンドが日本のとちょっと違うみたい、値段は日本で買うより1,000円位安いがそれはあんまり意味はない、
私自身が米国のアマギフを$107.05持っていた為かも知れない、この件は上の画像で確認可能、

到着したらまた報告します、

2020/9/21追記、
import fee dipositeがリファンドされるそうです、



よって最終価格は
元の価格 : $394.02.
輸入消費税のリファンド : -$12.69
最終価格 : $381.33 = 40.268


これがそれ、

私に届けてくれたのは日本郵便、扱いはゆうパック、EMSではなかった、この件は一応書いておくが私は深くは知らない、
米国amazonのtrack packageによると発送空港はJFK、つまりニューヨークからこの製品は発送されている、
請け負ったデリバリー業者は Apex となっているが実行しているのはECMSと言うエージェントみたい、日本のアマゾンと同じ様に米国のamazon.comでもパーセルのトラッキングナンバーズが公開される、追跡はこのURLから可能、
www.global.ecmsglobal.com/⇗
日本での中間のデリバリー業者は、ECMSジャパン と言う日本法人、千葉に有るみたい、成田空港のエリア、そこが日本郵便のゆうパックに引き渡し最終的に私に配送されると言う流れ、


箱を開けてみると中身はこんな感じ、開封前に箱の中に小さなモノが入っているのは感じていたが、クッション材が何も無いのが米国流なのだろう、


入っていたのがこれ、
送り状、
ビニール袋、
そして本体のパッケージ、


これがそのパッケージ、


箱の中には、
本体、上の写真には写っていない
ケーブル、USB-Cオス<->USB-Cオス
プラグ、USB2.1メス->USB-Cオス
充電器、写真の通り電源に差し込む形状は日本と同じモノ
SIMトレーを本体から外す為のピン
ワランティ、保証内容を書いてある文章
全体的な説明書
右下のは本体を箱の中に置いている紙のトレーです

前回の記録:
注文したのが2020/8/21、到着したのが2020/9/09、

次回インプレッションを公開予定、

まず固定表示とは何か?
ウェブを見た時に画面に常に表示されているパーツの事、画面をスクロールしても動かないヤツ、これはデスクトップのブラウザでも邪魔だが、スマホだと画面が小さいので更にいらだたせる、また固定ヘッダとも言うらしい、

こんな感じ、

上記は楽天カードの明細画面、固定表示が邪魔で肝心の内容が見られない、

この記事ではこの画面の固定表示をボタンひとつで消去する方法を説明します

ボタンを一発押すと、

こんな感じになります、

やり方は?
簡単に言うとKill sticky headers⇗と言うjava scriptをコピーしてクロームのホームボタンにセットするだけ、

具体的な設定
1、まず下記の英数字テキストをコピーして下さい、
この下から
javascript:(function()%7B(function () %7Bvar i%2C elements %3D document.querySelectorAll('body *')%3Bfor (i %3D 0%3B i < elements.length%3B i%2B%2B) %7Bif (getComputedStyle(elements%5Bi%5D).position %3D%3D%3D 'fixed') %7Belements%5Bi%5D.parentNode.removeChild(elements%5Bi%5D)%3B%7D%7D%7D)()%7D)()
この上まで
2、アンドロイドでクロームを立ち上げ下記画像の通りにやって下さい、









以上です、

操作方法
画面を上にちょっとスクロールしてホームボタン表示しそれを押すだけです、
↓できた人はここをクリック

ボリュームは画面を上下にスワイプすると可能だが、通常は100%までしか上がらない、

これを200%までブーストする方法が海外で公開されていましたので日本語で説明します、


下記の通りにやってみて下さい、








参照元:
How can I increase the Android app VLC’s volume to 200%?

googleフォトの無料無制限はうれしいですが、その代りユーザーフレンドリーとはなっていないみたいです、いろいろと使用制限が有り、
・写真をまとめて消す事が出来無い、、、ひとつひとつなら可能、、、
・ローカルに写真を取り込めない、、、driveをかませれば出来るがなぜかZIPファイルとかになる、、、
とか困った状況です、
最大の問題はすべて選択が出来無い事、これが大量一括処理を妨げている、

さて、海外のサイトにすべて選択をするやり方が紹介されていたので日本語で解説しましょう、
How to select multiple pictures in Google Photos⇗

すべて選択し、削除する方法、として説明します、
windows版です、desktop版です、ブラウザはchromeです、





ここでShiftキーを押し、そのまま押し続けます、






無料無制限のインセンティブには理由が有るみたいです、
おそらくユーザーのフォトをビッグデータとして使用すると言うgoogle社のアイデア、

↑このページのトップヘ