すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: スパイスゴールド

今回はタイトルの通りです、面白くも何とも有りません、

このテーマの下の方に脱法ドラッグを買ってみたと言うのが有るのですが2009年の話です、当時はただ買って持ってただけだったのですが2011年に実際にトライしてみた事が有ります、手元の資料を見ると全部で6袋位やった様です、しかし私はこれはヤバイと思いその後合成モノからは撤退しました、その後ドラッグはいつも通り海外でマリファナだけ、
私すてぃんきーはそう言うプロファイルの人間ですが何故危険ドラッグがヤバイのか!? 今回は行政を応援するカタチになりますが詳しく書いてみます、

合成大麻は本物より強力:
大麻の効能はカンナビノイドと言う成分だ、これが多幸感をもたらす、つまり大麻にはカンナビノイドが含まれているので摂取(吸う)すると気持ち良くなる訳だ、
今世紀に入りこれを人工的に合成する事が可能になった、つまり合成カンナビノイドだが単純に言うと合成大麻となる、
今問題になっている危険ドラッグとは元々この合成大麻の事だ、

そしてJ.W.ハフマン教授(後述)が開発した合成大麻は通常のカンナビノイドの5倍強力だと言う、これが非常に問題なのだ、
参照:
wiki;JWH-018(英語)

私自身も判りやすくする為アルコールの場合として考えてみよう、20%の焼酎をストレートで飲んだら結構キツイが、これが5倍で100%の焼酎だったらどうなる、飲める飲めないは別として同じ量を飲んでも5倍のアルコールを摂取する訳だ、一気にガツンと来るだろう、
これがカンナビノイドに当てはめればどんなことか? 天然の大麻と同じ様に吸っていたとしても5倍強力なモノを同じ様に吸ってしまっている訳だ、大麻は多少遅行するので飛んだりバッドトリップ、オーバードーズするのは目に見えている、

実際2011年に私がこのスパイスシリーズを試した時はっきり言って飛んだ、日記を見てみると1本やり終えてブっ飛んだ様だ、超強力、普段私がやっている安物の天然大麻なんか目じゃない、効果は一日以上続いた、翌朝頭痛、3日連続便秘とか書いて有る、本物をやり慣れて耐性のついているいる私でさえこれだ、もの凄い強力、、、注)私は「お薬手帳」を持っている、、、注の注)お薬手帳とは自分のドラッグ日記の事だ、

事故って当然:
6月に起こった池袋の脱法ハーブがらみの事故をはじめに危険ドラッグによる交通事故報道が連日繰り返されている、
おそらくお店で買ったモノを車内で試してみたと言う事だろう、しかしこんなモノを吸って運転するんだ、意識もうろうになって当たり前だろう、
家でやった場合でも呼吸困難意識不明当たり前、ウカツにやったら死亡したって当然だと思う、
何の知識も無いモノをビギナーがタバコ感覚で手を出すんだ、結果はそうなるのが自然、


(当時のスパイスシリーズ;袋だけ)

事故が起こるのは売り方が悪いから:
私はいま田舎に住んでるので詳しくは知らないが、繁華街にはハーブ屋と言うのが店を構えて営業しており堂々とお香と称し危険ドラッグを売っていると言う、
彼らの売り方には"ルール"が有る様だ、人体に摂取する方法を示唆すると薬事法に触れアウトなので"お香"とだけ説明する、もしくは使用法も全く説明しないで売るそうだ、
これが一番の問題だ、マリファナのマの字も知らない人間がこんなモノを手に取ったらどうする? タバコと同じ様に考え同じ様に吸うだけだろう、新聞記事のひとつでは巻きタバコの葉をハーブにつめ替えて吸ったと言うのを読んだ、

つまりお店が有ってそんなモノを堂々と売っているのが問題なのだ、これがマリファナや覚せい剤だったらヤミでコソコソ売ってるので「どうやってやるんだ?」と言う質疑応答が出来る、売人も「初めてならちょっとづつやってみな!」とか"指導"してやれるだろう、がしかしこれら一応合法とされている危険ドラッグの場合それが全く出来無い

過去の記憶やwiki等からの断片的な情報だが合成大麻について、

合成カンナビノイドの誕生:
最初の合成大麻は2000年代初頭にアメリカの化学者J.W.ハフマン教授により開発された、合成大麻と言う訳では無く大麻に含まれる多幸感をもたらすカンナビノイドと言う成分の合成だ、成分名は教授の頭文字を取ってJWH-018、開発の目的は主にエイズ研究だったとされるがカンナビノイドがエイズ治療にどう関係が有るのかは別としておそらくこれが世界で最初に開発された合成大麻だろう、

合成大麻の販売:
そして2000年代後半、このJWH-018を原料としてドイツで合法合成大麻としての商品販売が始まった、お香/insenseとして販売したが2008年には欧米で問題になりアメリカ等禁止する国が多くなった、
おそらくこの商品名がスパイスゴールド等いわゆるスパイスシリーズだろう、
作っていたのは社名は忘れたがドイツか英国の会社だった、スパイスシリーズはかなりの人気になったが違法化があだでその会社はこの事業から撤退、しかしそれまでにこのスパイスシリーズだけで100万ドル以上の収益を上げたと聞いていた、その後は会社ごと売却されたか、またはスパイスゴールドと言う名称のみを他社に売却したとかそんな話を最後に耳にしなくなった、

しかしこれを基に合成大麻はその後悪い方に発達していくのだ

日本市場:
最初に入ってきたのはやはりスパイスシリーズだろう、おそらく2009年くらいが最初だと思う、
当時はヨーロッパで完品されたモノをそのまま日本市場に流していた、
現在は危険ドラッグと呼ばれているがかつてあれらが日本に流通しはじめた2009年頃は合法ハーブと呼ばれていた、

合成大麻は既に完成されている:
ハフマン教授がJWH-018を完成させるまでに20年かかり、その間450の試作が有ったと言う、と言う事は教授はJWH-018をこれぞ"本物の合成カンナビノイド"として発表しているはずだ、なのであれ以上のモノはもう作れないだろうと思う、一番良いモノは既に教授が作ってしまっていると言う事、
しかしその最高傑作は各国で違法化する、ではちょっと成分を変えて違ったのを、と言う話になっていく、規制のイタチごっこは欧州が本場だった、今度コレを作った、ハイそれダメ、今度はコレ、ハイこれもダメ、そう考えると合成大麻の素質としては退化して行っていると考えられる、

もはや合成大麻では無い:
ハフマン教授は合成大麻と言う新しい概念以外にもうひとつの重大な概念を世界に広めてしまった、それが伝統的ドラッグの模倣だ、
つまり既存のドラッグの成分をちょっと変え脱法化させたモノだ、海外の話だがコカインやヘロインに似た合成モノが有ると言う、
そしてそれらが混じり入るともはや何の模倣か判らないドラッグの出現になる、作っている方もなんだかワケの判らないモノを作っていると言う事になっている、アメリカで売っていると言う俗に言われる"バスソルト"なんかがその典型だ、

ヤミ鍋ドラッグ:
こんな記事が有った、読売新聞、
私もこの通りだと思う、
すでにメチャクチャワヤヤになってるだろう、中に何が入っているのかまったく判らない、例えばシンナーやガソリン、もしくはプラスチックでも入っていたら怖いですヨ、 

なので今売られているモノはおそらく相当危険だと思う、

皆さんが死なない為にあえて書いておきます、

天然大麻は安全:
上にいろいろ書いた様に合成モノは超ヤバ、しかし天然の大麻は極めて安全だ、死んだ人はいない、
ま、この点はここでは書かない、また別の機会にマリファナのテーマで、、、

やるんなら海外で:
しかし法律上日本でやると大麻取締法違反になるので注意、、、正確には大麻草の所持が違法、、、
大麻をやりたいのなら海外行って合法的にやれば良い、オランダが合法なのは有名だが最近ではアメリカのいくつかの州では合法化されているそうだ、近場のアジアでは非合法だが習慣としてグレーな嗜好品になっている国は多い、

大麻のやり方:
大麻をやる人は、、、マリファナとは何か? そしてどう嗜好するのかをキチッと勉強した方が良い、タバコとは完全に似て非なるモノだ、
やり方はここに書くと削除されるので書かないが、私の場合だと海外で先輩たちにいろいろ教わった、もう10年以上前だが、なので多少の語学力は必要かも、

やり方についてはネットで調べても何故か出て来ない、検索に掛からないのかプロバイダー側で削除しているのか、私の場合このアメブロで以前ジョイントの巻き方を詳しく描いたら削除された事が有った、

しかし紙の本では詳しく大麻情報が紹介されている事が多い、何故そう言う差異が有るのかは知らないが、
大きな書店やBOOK-OFFとかで探して見よう、大麻と言うよりドラッグ関係の本は結構列んでいる、アマゾンは立ち読みが出来無いので街の本屋の方がお勧めです、

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

おまけ、クロコダイルの恐怖:
何年か前だがウクライナを中心に東欧ではクロコダイルと言う超危険ドラッグが登場した、製造は市販の薬品や頭痛薬とかの薬を個人が自分で買って自作する、これらとガソリンを混ぜて仕上げると言う、安く手軽に出来るので冬場を乗り切るのに必死な超貧困層に蔓延していたと言う話だ、

そしてこれは超強力、超危険、と言うか殺人的なドラッグだったと言う、
ヘロイン常習者の平均寿命は5年とされるがこのクロコダイルのそれは2年と言われた、

しかも恐ろしいのはそれが肉体を過渡にむしばんで行く過程だ、足から肉がめくり上がり骨が丸出し、徐々に体を飲み込んで行くと言うのがクロコダイルと言う名前の由来だと言う、その手の戦慄のニュースは世界を駆け巡ったが、あまりにもおぞましい話なので日本ではほとんど報道されていない様だった、
しかしこんな危険なモノも当時は合法脱法ドラッグだったのだ、

参照:
wiki(日本語)
google images(閲覧危険)

入手は11月初旬、きっかけはこの記事、

ラオスのマリファナの余韻が抜けないまま(日本に持ち込んではいません、現地のです)ぼんやりとニュースを見ているとこの記事が、
ネットを検索すると確かに売っている業者(個人)が居る、ヤフオクでも売っているみたいでウオッチして置くとすぐ強制削除されて行く.

1袋約3,000円、ちょっと買ってみようか!
オクでリンクが張ってある個人にコンタクト、(中略)、そして無事にgetしました.

左からスパイスゴールド、スパイスゴールドスピリット、ジーニー.

どんなお香なんでしょうか!?

11/20から譲り渡しは禁止だそうです、写真を見せても売りませんのでご了承下さい.

いきなり日本の話から始まってしまいました.

↑このページのトップヘ