すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: ブータン

パロでもティンプーでも3時にはガイドツアーから開放してもらって街をひとり歩きした、
この記事ではそこで見聞きした事をまとめた、ガイドブックには載っていない様なトピックだけ公開、

お金
インドルピーが流通している、ノート/コイン両方とも使える、現地通貨ヌルタムはルピーと同価値で交換可能、例えば100ルピーを出すとお釣り30はヌルタムでくれる、

飲む
ビール、国産はDRUK11000が有名、どこのGENERAL STOREでも買える、500ml缶で60ルピーだった、良く冷えている、ウマイ
ブランデー、写真のは一番安いモノ、国産、90ルピー、マズイ、甘い、酔えるだけ、元々氷も売っていない(探せば有ると思うが)ので、まあこれで十分だった、

ROCKBEEと言うブランド、
バー、
ティンプー東側のSUN MARKETは肉や野菜を売買している一角だ、リテール品を売っているマーケットでは無いので見るモノは無く有るのは働いている人々の活気だけ、
しかしBARを発見、建物と建物の間の路地の奥に小さな看板を下げている、ここの労働者向けの飲み屋みたいだ、

入っていく、
おばさんが店番をしていた、
キャッシュオンでビールを買う、DRUK11000が75ルピー、安い、街のGENERAL STOREで買うのと変わらない値段、
栓を抜いてくれてコップをもらう、カーテンで仕切られた部屋を示される、そこで飲め、

ブータンはインド文化が多く入っていると思うがバーは大きく違う、あの後ろめたさはここには全く無い、
ついでにタバコは吸っても構わないそうだ、

打つ
ビリヤード?

プラスチックのチップを使ったビリヤードはネパールやバングラデシュでも目撃しているが、ブータンでは堂々とカネを賭けてやっている、

買う
知らない、
しかしブータン女性はきれいなかわいい人が多い、

タバコ
インド産のタバコが闇で買える、値段は1パケット4ドル、ルピーでも250ほど、近場のコルカタではパケット100くらいでなので、まあそんな値段でも妥当だろう、
街なかで大っぴらに吸っている人は全く見かけないが、裏手に回ると吸っている人はけっこう居る、

トイレ
公衆便所が有る、写真はティンプーの北側、免税店の辺り、

有料、5ルピー、当然男女に分かれているが、我々外国人には極めて判りづらい、実際私はこの絵を見て女性用に入ってしまった、

終えて文字を見てみると逆だった、
男用も全部個室、立ちション用は無い、
この便所はひとつの一家が管理していて、

ついでに副業で廃品も回収しているらしい、

床屋
髪型もおみやげのつもり、すてぃんきーはいつも海外へ行くと床屋に行く、ニホンのQBハウスよりもずっと安い、
ガイドの話ではティンプーでは中心部より住宅地の方にいっぱい有る、カットだけで60ルピーが相場だと言う、
見つけたので1軒入ってみる、
ブータンカットをしてもらった、頭の上コーヒーカップ分くらい毛を残してあとは全部ボウズに近いくらい切ってしまう不思議な髪型、すてぃんきーは顔出ししていないのでお見せ出来無くて残念、、、上のバーの写真で写っている横顔の男性がブータンカット、

床屋さんの一家、

図書館本屋
図書館は1つ見つけた、中心から北の民芸品店のあたり、

barefoot genとかも有った、

本屋さんはtraffic centralの周りにいくつか有った、

免税店
高級酒とか売っているが、値段は日本より高い、

乗り物
バスは日本で良く見かけるマイクロバスみたいのが主流、
タクシーはSUZUKIの白い軽自動車、車を自己所有している人もSUZUKIは多い、
シートベルト不要、左側通行、
ちなみにこの国にはリキシャもオートリキシャも無いが、その事実から身分制度が無い事が分る、

犬猫
パロにはとにかく犬がいっぱい居る、犬頭密度が高いと言える、今まで行った国で一番犬が多かったのは今回のブータンだ、ラオスの東部やタイの東北部にもたくさん居るがその比ではない、

すぐなついてくる、

ネコは記憶が無い、

宗教
公式には仏教、
キリスト教はティンプーに教会が1つ有るらしいが未確認、宗旨者は家庭内で信仰していると言う、
(すてぃんきーはクリスチャンなのでこの件書いておきます)

スラム
実践編には書いていないが、私はガイドにスラムに行きたいと頼んでいだ、しかしブータンにはスラムは存在しないと言う、そんなハズは、しかし公認ガイドとしてはそう答えるしか無いのかも知れない、ついでにホームレスも存在しないと、
実際に歩いてみると極端に貧しいような場所も有る、例えばティンプーのtraffic centralを北に歩いていくと警察署が有るが、その道を挟んだ東側の一角を見て欲しい、これは一体何だ? またあからさまな物乞いと言う訳では無いが、遅い動作で私の前に近寄ってきて、何にも言わずに私の胸元を見続けている老人老女は何なのか?
「バーで飲んでいる間にティンプーの街は暗くなってしまった、深層に踏み込むには時間が足らなかった」自称スラム評論家すてぃんきー談、

気候
夏場は雨期みたいだが、雨はさっと来てさっと去って行く、標高が高いので雲も驚くほど低い、あの雲が行ってしまえば、と待っていると止んでしまう、
おすすめの訪問時期はやっぱり8月、


英語がうまい
若い人はほとんど英語を喋る、
なお、Bhutanの発音はブータンでは無くブターンが近い、ブータニーはブタニーとなる、

KING
ブータンは絶対王政を廃止し立憲君主制に移行、前の王様はまだ老いる前に退位し現在はあのイケメンが王様になっている、総理大臣も設置されている、国王自身がそう制度改革したそうだ、民主化は国の最終形だ、立派な事だ、
またこの国は経済よりも市民の幸せを優先させた施策をとると言う、国民総幸福度、Gross National Happiness、と言うモノの存在は有名だ、それがどう言う定義なのか知らないが、そう言った知識を元によく旅行者はブータン市民にこう訊くと言う、do you feel happy?
今回地元の人たち何人かと会話をしたが、私はそんな陳腐な質問はしない、こう聞いてみる、do you like your king?
しかしこれはしてはいけない質問だった様だ、kingと言う言葉を聞いただけで一瞬引きつる彼らの頬、もちろん回答はすべてyesだ、明確だ、中にはインド風の顔を横に振るyesを返す人も居る、しかしこの話題はその返答だけでいつも終わった、

費用一覧、最終版、
日本円:
旅行代金 94,880円($881)、支払先サクラ、
米ドル買入手数料 1,765円($1=2円)、支払先プレスティア、
海外送金料 4,000円、支払先プレスティア、
関空⇔バンコック 26,720円、支払先エアアジア、
=========
127,365円

タイバーツ:
バンコックホテル 765THB、現地払い、

インドルピー:
アルコール関係 225
コーヒー 60
床屋 60
トイレ 5
=========
350Rs、現地払い、

米ドル:
チップ $30、支払先ガイド、ドライバー、

編集後記
歩き方を読んでもブータン旅行については具体的にイメージが沸かなかった、費用についても同じだ、法定料金と言うのが有るが2泊3日は2日分なのか3日分なのか?
今回のシリーズでは私自身が疑問に持っていた点をすべて体験し実感出来た、手配旅行と言う点も初めてだったが、謎がどんどん解明されていくと言う点で手配している時から楽しかった、
このシリーズではそのほとんどをさらしてしまっている、なので読んだ人でまだ行ってない人には、新しい国に向かうわくわく感をもぎ取ってしまう、様な結果になってしまったかも知れない、
しかし情報は少なすぎる、また良く判らないので手を出さないと言う人も居るだろう、特にバックパッカーの間では、
と言う訳で毒にも薬にも、と言うフレーズで終わります、

今回はブータンのガイドツアーとはどの様なモノなのかを書きます、クロニクルです、

1日目パロ
バンコックからパロ便の座席を取る
スワンナプーム空港でのDrukAirのチェックインは旅行客がやる、出発は9:05am、サクラの案内書によると2時間前にカウンターが開くのでチェックインしてくれ、席はAを取るとパロ到着直前にヒマラヤが見えると言う、
7時過ぎにカウンターに行くと、パッセンジャーはまばらだったが、A席はすでにFULLだと言う、Bをもらう、

飛行機
200人乗りくらいの中型機、
ほぼ満員、日本人はかなり多い、1/3くらいはそうじゃないか!?
途中食事がサーブされる、この点はやっぱりLCCとは違う、これが朝食となる、
途中インド国内に1ヶ所に着地する、
パロに近づいたが、ヒマラヤらしき山々は見えない、隣の白人女性はそんなモノ興味無さそうだった、
12時過ぎに到着、

入管通関
飛行機内で入国書類を1枚渡されるので記入しておく、ここにPDF有り、
ビザとパスポートを出して入管通過、早い、
入国書類は通関の方に提出する、通関に歩いて行くとおじさんから「ニホン」と自分の発音を試す様に声をかけられたので、そのまま「ニホン」と返答し入国書類を渡す、ノーチェックで通過出来た、
入国書類にはタバコの所有についての申告欄が有ったが私はを付けておいた、しかし実は私はタバコを1箱持っていた、調べられて見つかった場合にだけ申告しても手荒な事はされないだろうと高をくくっていたが、今回はこれで正解だった様だ、
通関が甘いと言う情報は事前に得ていた、ソース、ブータンの入出国手続き
よってブータンのタバコ持ち込み課税200%がいくらなのか、どの様に課税されるのかはこのブログでも紹介は出来ない、

お出迎え
EXITを抜けると外にはガイドが20人くらい居る、この飛行機ではこれだけの組の旅行者を迎える訳だ、みんな民族衣装を着ている、私の名前を漢字で書いた紙を持った一人に声をかける、it s me、
マフラーみたいな白い布をかけてくれる、

(お出迎えの場所)

ランクルタイプ、ドライバー付き、

(これが現物)

助手席に乗る様に言われるが、その方が景色が良く見えるからだと思う、
荷物はトランクへ、
ガイドは後部座席、

車に乗ったその日ごとに1リットルのウオーターを2/3本くれる、
ホテルでもくれるので不足する事は無いと思う、

昼食
空港からそのまま街の一角のレストランに案内される、
他に日本人らしきカップルが2組、

ホテル
昼食が終わったらその足で案内される、
グレードは中級だと思う、私感を入れれば普段安宿にばかり泊まっている私には贅沢なホテルだ、
ホテルカードは貰ったが、ペーパーワークは全部ガイドがやってくれる、
お湯は出る、夏でも寒暖が有るのでホットシャワーが無いときつい、
wi-fi有り、しかし大元の回線が切れた事が何度も有った、
ベランダが有ったのでタバコはそこで吸ってくれ、灰皿をもらった、
NHKの英語放送の見えるテレビ、
日本人の客をけっこう見る、
現在1時過ぎ、

今日のツアー予定を組む
ガイドは今日の予定をオーソリティオフィス(行政機関)とテンプルとしていたが、私はあんまり興味は無かった、もともと私はTシャツサンダルで来ているのでその手の公共の建物には入れないのは自覚していた、
サクラからは行く場所はガイドと打ち合わせして貰って構わない、と案内されていた、元々バックパッカーなので、、、省略、
いろいろ打ち合わせした結果今日の予定は下記に決定、
2時までホテルでリラックスする、
学校を見せて貰う、
と或る野生の植物を見せて貰う、
この2つで今日のガイドツアーは終わり、3時をメドに解散する、なお本日の夕食は7時にホテルでサーブされる、

なお、ブータンとティンプーの地図をくれる、

今日のツアーに行く
学校は小学校だった、子供が勉強したりダンスしたりしているのを見学、この年齢から授業は全部英語、全然すれていない子どもたち、
まあそれは良いとして、私としてはホントは大学が見たかった、理由はブータンの若い女性は可愛らしい人が多いと感じていたから、しかしパロに大学は無いと言う、
続いて植物を見に行く、しかしこの件はこの記事では非公開、
さて、3時過ぎにホテルまで送ってもらう、
今日のガイドツアーはここで解散、
明朝の予定を確認しておこう、9時にホテルで朝食、迎えは10時、

午後7時にホテルのレストランで夕食

2日目ティンプー
ホテルで朝食、9時、
10時にガイドが迎えに来る、ホテルをチェックアウト、

今日のツアー予定を組む
今日の予定を聞くと、1つ目はペーパーファクトリー、それならビール工場か酒工場は無いのかと聞くとブータンの中央あたりに有るので無理だそうだ、2つ目は何か忘れたが、その通り記憶にも残らない様なモノだったと思う、私にとっては、しかしラフな格好をしている私のためにいろいろ考えてくれている様だった、
とりあえずティンプーに向かう、1時間ちょっとのドライブだそうだ、
ガイドの携帯に電話がある、出ろと言うので出るとサクラから、何か問題は無いか? 無い、
しかしサクラから動物園が有ると聞き予定に入れて貰う、入園料はサクラで負担してくれるそうだ、

よって今日の予定は下記、
12時前にはホテルにチェックイン可能、
1時に迎えに来るので市中のレストランで昼食、
その後動物園見学、
3時ごろ解散、

ホテル
大きな立派なホテルだった、私はこの手のところにはめったに泊まらない、
と言う訳なので詳細は省略、
タバコは灰皿は無いが窓を開けて吸っていた、
wi-fiはok、

昼食
1時に迎えが来て、市中のレストランでビュッフェ、ここも日本人が多い、他のグループのガイドが日本語で、飲み物は有料です、と言っていたので私もそれにならう、

今日のツアーに行く
動物園、ZOOLOGICAL、
市中から20分くらい、
園内に入るとガイドは着いて来ない、
ここも日本人を多く見た、
園内の内容はここでは説明しないが、歩道は園を1周する、相当クタクタになる、これがガイドの来ない理由みたい、コンプリートしたのは私と白人の女性だけだった、

今日のガイドツアーはこれで終わり、3時前にホテルに送ってもらう、
ホテルのロビーでガイドにティンプーの街についていろいろ聞いておいた、
明日の朝の予定も確認しておく、9時にホテルで朝食、10時に迎えに来てパロ空港へ、

午後7時にホテルのレストランで夕食

3日目ティンプーからパロ空港
9時にホテルで朝食
10時に迎え、空港に向かう、
11時過ぎ、空港に到着、便は1:15pm発だ、ちょうど良い時間、

これでガイドツアーは全工程が完了した

税関入管
形式だけ、
なお、入国時にもらった書類と全く同じモノを書いて、今度は入管に提出する、

エア

(歩いて飛行機に向かう)

帰りの便もほぼ満席、やはり早めの予約は必要だ、
in flight mealがserveされる、これが昼食

ガイドとドライバー、(2016/9/05追記)
彼らはとてもフレンドリーで親切です、
このトピックが追記なのはそれが理由です、日本人としてはそれは当たり前だと感じるので、書く必要性を忘れていた様です、
けっこう気を使ってもらって、終始不愉快な事は一切有りませんでした、サービスとホスピタリティと言う表現が有りますが、まさに後者の方、もし対応が悪かったら私はその旨を真っ先にあげていたでしょう、
また英語は非常に明瞭で良質です、比べると我々日本人のエイゴなんてお子さまランチみたいなモノ、
私の場合植物を案内してもらった時にはドライバーの方が雄弁でした、これがこれで、こう言う事なんだ、
以上あくまで私の体験からだけです、

お金について
と言う訳でガイドに任せている限り出費は1セントも無い、
両替所は空港のアライバルとディパーチャーの両方に有る、レート表を見ると円の扱いも有る様だ、すると再円化が可能なのかも知れないが私は試していない、

旅のヒント
2泊3日ならパロ⇒ティンプーが良い、
パロの空港は街と隣接している、車で5分で着く、1日目ティンプー2日目をパロにすると3日目のパロでの朝を持て余してしまうと思う、パロ自体何にも無い街だ、しかし2日目をティンプーにすれば3日目の朝も有効に使えると思う、ティンプーからパロ空港までは1時間以上かかる、最後に山間の山々を見納めしながら私は旅程を終えた、この行程で無駄な時間を使った記憶は無い、
、、、ついでにパロには豪華ホテルが無いのでティンプーとの格差が落胆になるかも知れないし、

チップについての考察
車が空港に着き、ガイドがトランクから私のバッグを出して前に置いてくれた時、私はポーチを開いた、ガイドはそれを見ている、
タイミング的にはこれで合っていると思う、全工程が終わった時、
アメリカでは良くチップを払ったが、レストランでは会計が終わった後、タクシーやライドシェアでは車を降りた後だ、
私はガイドに30ドル渡した、2人で分けてくれ、
ガイドはお礼を言う、
チップは2通りの種類が有る、それが主収入か副収入かと言う違い、例えばアメリカのレストランのウェーター、トレスは主収入だ、店からはいくらも貰わず収入の多くをチップに依存している、タイランドの伝統的マッサージも同じ、
タクシーは副収入だ、おマケみたいなモノ、ホテルのボーイとかも同じ、主な収入は所属組織に依存している、
ブータン旅行のチップは後者だと思う、あくまで付随的なモノ、またガイドからはブータン市民はすべて国のために働いている、つまり社会主義性が強いらしい、ガイドから聞いたこの発言は私の判断を後押しする、、、ついでにホームレスも一人も居ないと言っていた、
ちなみに30ドルの根拠は合計3日間だった為、
あとガイドにいくら、ドライバーにいくら払ったと言う記述も見かけるが、そこまで厳密にやる事も無いと思う、ガイドに渡してあとは勝手にシェアして貰えば良い、

さて、この金額がが少ないのか多いのか、ガイドの表情や挙動から読み取る事は出来なかった、

費用一覧
日本円:
旅行代金 94,880円($881)、支払先サクラ、
米ドル買入手数料 1,765円($1=2円)、支払先プレスティア、
海外送金料 4,000円、支払先プレスティア、
関空⇔バンコック 26,720円、支払先エアアジア、
=========
127,365円

タイバーツ:
バンコックホテル 765THB、現地払い、

米ドル:
チップ $30、支払先ガイド、ドライバー、

---

この記事はガイドツアーを説明したモノなので、今回すてぃんきーが行った単独行動については一切触れていません、

↑このページのトップヘ