すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: インド

ゴアで販売されているドラッグはganja、hashishが中心、他にcocaineも入手可能な様だが私は興味が無いのでここに記述はしない.

ganjaを売っている場所はアンジュナのみ、アランボー、カラングート等他のビーチでは吸引具の販売は良く見かけるが実際のモノの入手は不可能、もちろんマピュサやパナジでは匂いもしない.

アンジュナでは販売グループは3つ位有る様だ.

アンジュナを知らない人の為に詳しく書いて置くが、MAPUSAからのバスを降り西に歩くとビーチに出る、左手に大きな空き地を見るがこれを回り込むと大体ここら辺がアンジュナビーチの入り口だ、下には海岸が見える、お店もここら辺から始まる.
写真の奥の方がメインロードに続く.

南に道が伸びているのがすぐ判るのでここを入って行く、この道がアンジュナビーチのメインロードで出店やゲストハウスが並ぶ、そのまま歩って行くと有名なHippie'sが有る.

夜のHippie's.

ganjaを売っているのはこのメインロード、もちろんganja shopが有る訳では無く売人達がたむろしていると言う意味だ.

日本人を見つけると スモーク スモーク HAPPA HAPPA YASUI YASUI! とか声をかけてくる.

試しに話を聞いてみよう、手口はこうだ.

「how mych is that?」私.
「come come!」値段は答えず、とにかく一緒に着いて来いの一点張り.
で、着いて行ってみると、歩いて1/2分の小屋の中にに男が5/6人居る、入れと言う.
サンダルを脱いで入るとモノを見せられる、全てビニールに圧着して有る、10グラムのモノがほとんど、手提げバッグの中にたくさん入っている.
手に取って見るとちょっと茶色がかっているが、まあ可も無く不可も無くと言った所だろう.
で、値段を聞く.
「2,000rupees」
私はソッコーで立ち上がり、「no thank you!」
廻りは男が囲んで居る状況だ、ここでそのまま言い値で買ったり、ディスカウントして相手に妥協したりする日本人も居るのだろうが私は相手にしない.ちょっとでも高いとか言えば値段交渉に応じなければいけない、そうなったら当然買わなけりゃいけない様な雰囲気に移行、多勢に無勢だ、逃げるが勝ち.

売人はアイコンタクトで判る、😁、何もせず突っ立て居るのと目が合ったらそいつだ.

おや? これはインド人じゃ無いな、イスラエル人か?

「何故売っている?」私.
「まとめて買うと安いのでたくさん買った、分ける程有る、ホテル代も払わなきゃいけない、、、」
確かにビニール袋にいっぱい持っている、この人の場合旅行者だろう、タバコの箱1つ分位を示して500rupeesだと言う、だいたいそれが相場だろう、買っても良いかな、と思ったが、他にもあたってみようと思っていたので買わなかった.
ちなみにこの人ganja以外のハードドラッグの常習者みたいだった、頬はこけ腕もガリガリ、思わず腕の腕の関節に注射跡が無いか見てしまう、目は虚ろ、ganjaを売っているのは別の理由も有ったのかも知れない.

裏手の道を行くと壁に衣類を並べ売っている男が声をかけてきた.

2,000rupeesと言う、こいつ1人だし、サンプルとしてちょっと買ってみようか!
「200rupeesで売れる分だけ持ってきてくれ」、交渉の過程は略すがそう言って少量だけ買った、男は最後までブーブー言っていたが元々あなた達がふっかけすぎなんだヨ!

メインロードでも"まともに"商売しているのも居る、値段を聞くと1,000.今持っているのかと聞くと道端のバケツの中身を見せた、10g位の束だ、半分だけ500で売ってくれないか?と聞くとその通りにしてくれた.だいたいこれが相場だと思った.

===

その後私はアンジュナの"住人"になり彼らから話を聞く事が出来た.

それによると白人と違い日本人には3~5倍の値段で売っているそうだ、詳しくは聞かなかったがそれでも売れるのだろう.
、、、概して白人は現地人と一歩距離を置いた付き合いをする、朝方近所の白人と売人の会話を聞いていたが、「よう、アメリカン、昨日売ったモノはどうだった?」「クソだ」ニコリともしないがまたまた買っていたりする.
「mornin' american, hw was the stuff i sold u yesterday」「fuckin' shit」.
ドラッグに限っての話では無いが、我々日本人が持っている相手への思いやりは海外ではお人好しとしか思われない.
モノ/green stuffはアフガニスタンからの"輸入"、よって収穫から販売まで時間が掛かってしまう.
現地生産では無いので種を販売する事は不可能.

で、モノの感想だが可も無く不可も無くありきたりのインド麻だと思った.

===

ついでにhashishについて.

チョコレートはカラングートで売っている、場所は説明しにくいがCalangute-Anjuna Roadの1本ビーチ寄りの道を南に進んだ西側の小屋、↓ココ.
 
この小屋の中におやじが居る.

「チョコ下さ~い!」と言うとおじさんが「ハイハイ」と小屋から出てきて売ってくれる.

言い値は500rupees、毎日しつこいので100rupees分だけ買ってみたが未経験だったのであまり面白いとは思わなかった、やった事が無いと言うと親切にやり方を教えてくれた.

なお、このおやじによるとganjaにしろhashishにしろ良いモノを安くやりたければKashmirに行けとの事です.

アンジュナには2週間位居たが昼間っから良くUDAYで飲んでいたのを思い出す.

UDAYは基本雑貨屋/飲み物屋、場所はMAPUSA行きバス停の所の交差点を南に300m位行った突き当たりに有る.
隣は床屋、向かいには小さなレストランが有るT字路の一角で地元の人を中心にケッコウ人は絶えない、ついでにガソリンもペットボトル売りしている.

テーブルで冷たいビールや水割りを飲んでいると快適だ、ここで飲んでいるのはインド人がほとんどで、白人の連中はバイクの給油をしたり、隣の床屋に来ているだけ.

インド人の酒の飲み方は彼ら独特のモノが有る、我々日本人は水割りとか作るとゆっくり味わって飲むがインド人は一気のみする、顔見知りになったここでは説明しない仕事をしているおっさんはHONEYGUIDE(ウイスキー)をクオーター(90ccだと思う)注文すると水を少し入れグッと一気飲み、さっさと帰っていく、、、クールと言えばそうだが、

ちなみに酒のプライス:
KINGFISHER BEER、small、35R、良く冷えている.
HONEYGUIDE、ウイスキー、180ml、25R、これはハニーガイドと書いて有るがハニーガールと呼ぶそうだ.
SODAも必要だろう、15R、これでよく冷えた水割りが飲める.
COLA、15R.

会計は明瞭だ、店員は男の子が2人居て計算してくれる、しかしテーブルを陣取って長々飲んでいる私は後払いだがインド人は上の様な飲み方なのでその都度払っている場合が多い、ちなみに彼らは中学生と小学生位に見えるが実際にはもっと上だと思う.


この向かいに有るのがPOOJAと言う小さなレストラン、メニューは無いが出すモノはオムレツ(big40R、small20R)とフィッシュカレー(50R)、後ジュース位頼める.
アンジュナは観光地の為この手の地元の人向けのメニューを置いている所はほとんど無いので私はどっちも良く食べに行ったがフィッシュカレーは午後になると良く売り切れていた.
土曜は半ドン、日曜は休み.
ちなみに店員は男の子が2人、12歳と10歳だと言うが日本人から見るともっと幼く見える、週給500RでMAPUSAから通っていると言うがホントかどうかは知らない、、、なお若い方の男の子は値段をごまかす(5Rとか)ので注意した方が良い、チップのつもりなんだろうが、

アンジュナは観光地なので海岸沿いのショップ/レストランはみんなそれなりの値段がしますが、長く居る方にはこの一角はお勧めです.


チェンナイのダウンタウン、2003年の写真、古いです.
この車昔の日本でも走っていた様な!?

初めてマリファナを吸ったのは10年くらい前でカンボジアだったと思う.

このblogを始めたので過去の日記を確認してみると昔のコルカタでの写真と日記が見つかりました、*当時はカルカッタと言われていたのかも知れない.

以下は日記から、
サダルストリートで安宿を探していると老女がマリファナを買えとつきまとう.
ゆっくり宿に落ち着いてから買い出しに向かうつもりだったがこの時は観念した、
歩いているところを横に並んで買え買えを連発、「何故買わないんだ? 安い!、買え買え!!」.

100rupies、

モノは良かった.

↑このページのトップヘ