すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: インドネシア

ジャカルタでは皆んなビールを飲んでいる、
セブンイレブンやローソンと言ったコンビニで売っている、よく冷えている、値段は500mlで25,000ルピア位、

街なかで飲んでいる人たち、

ビールだけではゲップが出てしまうがインドネシアでは5%を超える酒類の販売は禁止だそうだ、よって強い酒が欲しい人はアンダーグラウンドや正規の免税店を利用する、

アンダーグラウンド
食料品店や雑貨屋で買えるらしいが聞いてみてもみんな無いと言う、しかし私の場合ひょんな事からメっけた、以下日記から、
ニコッと笑ったおっさんから「do you like なんとか?」と声を掛けられた、何かの客引きだ、無視したがすぐ振り返ってこちらから聞く、「do you know some whisky shop?」、おっさんは「OK、OK」と繰り返し付いて来る様にしぐさをした、危ないパターンなのだがまあまだ日も明るいし、、、歩って5分、黄色い雑貨食料品屋、

ここで売ってる、

カラスケース越しに居る店主らしいおばさんは自分の後ろの棚の足元を指さす、ウイスキーやウオッカ、ジン等が列んでいる、目立たない様に売っているらしい、
みんな350ml入のポケット瓶、どれももMANSION HOUSEと言うラベル、値段は100,000ルピアだそうだ、「高ッ!」、日本円で900円以上だよ、まあだまされたつもりでウイスキーを1本買ってみる、
カネを払うと客引きのおっさんも手を出す、案内して貰ったんだからチップを払うべきだろうな、20,000ルピア出した、

MANSION HOUSEに注意

これが買ったそのMANSION HOUSE、

外に出て良く見てみるとキャップのところに80,000RSと書いて有る、ハハハ、やられた、
ホテルに帰ってネットで調べてみるとMANSION HOUSEとはインドネシアの酒造メーカーらしい、インドネシア産ウイスキー
しかし私の買ったのとはラベルが違うな、と思っているとその内こんな記事に遭遇、
このウイスキーだが、偽物が存在する様だ、そして私の買ったのはこの偽物とラベルが同じじゃないか!
また密造酒騒動だ、もうコリゴリ、イスラム圏はどこ行ってもこうだ、、、メタノールに注意、
(中略)
結局飲んでしまった、味はまあまあだったと書いて有る、目も大丈夫だった、

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* おまけ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

免税店については詳しく書いている人がたくさん居るので解説は省略するが、私が今回買ったのはこれ、ゴードンズのトラディショナルジン、

GORDON'S LONDON DRY GIN、750ml、

値段は935,000ルピア! 、、、と言っても驚かない
日本に帰ってカードの請求を見ると9,030円だった、、、どうだ驚いたか!?

ちなみに酒税抜きの蔵出し価格は日本円だと1,000円ちょっとのはず、

つまらない、この一言に尽きる、それがジャカルタ、

今回散文になりますがいくつか書いてみましょう、

ホテルは高い
安宿街で有名なJalan Jaksaだが現在はサビれている、外国人もほとんど見ない、値段も勢いが無い、いくつかあたったが80,000~160,000ルピアと言ったところ、
私が泊まっていたのはDJODY HOSTELと言う簡素な安宿、1泊105,000ルピアで10日間、
バストイレ別、スタッフも多く清潔だった、、wi-fiは無い

(部屋はこんな感じ)

向かいの部屋はきれいな若い女性が定宿にしている様だっだ、多分夜の仕事の人、

特に見るモノも無い
17位にJKT48が入っているのが笑える、

BLOK M
ジャカルタ南部に有る歓楽街らしい、一度行ってみたがバンコックのタニヤみたいな感じだった、しかしにぎわいは無い、今タニヤに行くと中国人の観光客がほとんどらしいが、さすがにChineseもインドネシアは敬遠しているのか!?

(駐留日本人相手のお店だろうか? "美人情報"と言うモノを持っているらしい)

スラム
西の方に密集地が有るので見に行ったが住宅街の様だった、激貧層は特に居ないみたい、アジア圏で良く見るゴミの山の様なモノも無い、ここが首都だからだろうか!?

(庶民はこんな感じ)

治安
10日間しか居なかったので良く判らないが特に不安は感じていない、

食べ物
特にレストランとかには行かない、私は全部屋台で済ませていた、
ミーゴレンは焼きそば、
ミーアヤムはラーメン、
ナシゴレンは焼き飯、
どれも10,000ルピアくらい、みんなウマい、

(これがミーアヤム)

ビールばっかり、

(BINTANG BEER、25,000ルピアくらい)

裏情報はこっちに別記、

タバコ
国産はこのGARAM、

(12本入り12,600ルピア)

犬猫
モスリム圏なので犬は居ない、猫は居る、

(良く見かける)

愛国集団
インドネシアにも右翼が居る様だ、

(日本の右翼の様に怖い存在では無い)

ドラッグ
インドネシア、マレーシアではドラッグは厳禁、たかがマリファナでも非常に厳罰らしい、絶対にやらない方が良い、

と言う訳であまりにもツマラナイので私は30日の予定を10日で切り上げクアラルンプールに退避、もう多分インドネシアに行く事は無い、

いろいろ検索してみるとジャカルタにはJKT48と言うグループが活躍している様だ、もちろん日本のAKB48のグループ、と言ってもさすがに私でもそんな話はニホンで耳にしていたと思うが、、、

ジャカルタなんて面白いところじゃ無いし、ちょっと行ってみようかなと言う話になる、

詳しい内容は公式ホームページが日本語で用意されているので容易に把握出来る、

ショーは毎日午後7時から2時間、
チケットは100,000ルピア、約1,000円、抽選だそうだ、

「2時間なんて長いしな、チケット取るのもメンドーだし、」
実は私はニホンでAKB関連の女性たちがを一度も見たことが無い、だいぶ人気なのを知っているだけだ、

検索するとJKT48に行った人たちのブログがいくつか出てくる、見てみると当日券を買えたと言う人も居る、劇場行って入れそうだったらそうしようか、入れなくてもインドネシアの若者の反応を見るのも面白いだろう、

と言う訳で劇場だけでも見に行ってみる事に、2014/11/13(木)、

行き方については上記のHPでは詳しく触れられていないので安い交通手段をご紹介しよう:

劇場はジャカルタ市内南部に有る、
安い宿は北の方に多い、有名なのがジャラン・ジャクサ周辺の安宿街、私もそこに宿泊していた、
なので上記間の移動方法を説明する、

JKTの建物はFXなんとかと言うが、呼び方がいろいろ有る様だ、fx lifestyle x`nter/ fX Sudirman、良く判らないが名前はどうでも良い、
実際に行ってみたと言う人のブログを見ると<strong>タクシー</strong>を使えとか書いて有る、私はビンボー人なのでそんなモノは使わない、
ジャカルタにはトランスジャカルタ;transjakartaと言う市内をめぐる路線バスが有るのだがこれも避けた方が良い、理由はコストが高い、このバスは市内全域を走っており乗り換えをしても片道3,500rpなのだが最初にプリペイドカードを買わなければいけない、これがチャージ込みで40,000rpし1回乗りのチケットだけでは売ってくれないシステムなのだ、割に合わない、

おすすめはローカルバス、片道3,000rp、
私が泊まっていたジャラン・ジャクサの安宿街からだと、
セリナ;Serinahまで歩く、マクドナルドが有る交差点だ、そのマクドナルドの前で南行きのバスを待とう、
下記の看板の下あたり、

BLOK Mと窓にシールの貼ってあるバスが良く来るのでそれに乗ろう、たいがい19と路線番号が書いて有る、
乗ったら車掌に「Gelora Bung Karno」で降ろして貰う様伝える、私は発音が出来無いので紙に書いて車掌に見せた、

降りると道の向かいの大きな建物がFXなんとかと言う立派なビル、

入って行くとInformationが有るので聞いてみると4Fだと言う、
エレベーターで上がると、アラ、ホントに有った、

後は下の動画の通り:

帰りはまたローカルバス、今度は簡単でJKTのビルの前から北に向かうバスに「セレナ、セレナ」と尋ねれば良い.

↑このページのトップヘ