すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: マレーシア

シングル40RM、ダブルやドミトリーの値段は知らない、長期割引も有り、デポジットは1日分、出る時に返して貰おう、
部屋は狭い、
インサイドバスはホットシャワー、
エアコン、扇風機付き、
テレビ有り、
wi-fiは無料、ルーターは各フロアに3つづつ有る、主回線はADSLだが毎日支障無く使えた、
建物は2階建てで20部屋くらい、
風通しや日当たりは抜群、
出入口は夜間オートロックになるので電子キーを貰える、

水は濾過して冷やしたペットボトルが冷蔵庫に入っているので勝手に持っていって構わない、
お湯も常設しているのでカップヌードルもOK、
朝食等は付かないがいろいろ果物とか食べ物をたまにくれる、

BOSSは中国人の女主人、これに女性スタッフが2人が主要メンバー、みんな愛想が良く親切、

北のインペリアルモールまですぐ、南にはスーパー有り、ここで酒も買える、どっちに行ってもまわりは食べ物屋だらけ、

行き方:
まずCosy Innを目指そう、google mapではココ
google mapの見られない人はまずMega Hotelまで行って下さい、青と白の巨大なホテル、ミリの中心部に有るので誰でも知っている、
そのメガホテルの東側の道に行きホテルを背にして立ってみよう、右手にCosy Innと言う看板が見えるのでそこまで行き目の前に立つ、
右手に路地が見えるので入って行く、道はCosy Innを回り込む様に続いている、
ちょうどCosy Innの裏あたりに立とう、左手にJJ民宿の赤い看板が見える、

この看板、

なお、下記はホテルカードに書いて有る情報だが有効かどうかは不明、
電話/FAX 085-417072
e-mail jjhomestaymiri(Gメール)
住所 Lot 11A, jalan Lee Tak, 98000 Miri, Sarawak ←これは完全に間違い、google mapで見ると全然違う場所が表示される、







このミリと言う街自体面白いところでは無いが私はダラダラ3週間ほど居た、

ヤミ金はどんな世界にも存在するが正規のな金融業は安定した法と秩序の上にしか成り立たない、
つまり消費者向け金融業が存在するのはある程度経済的に豊かな国だけだ、

マレーシアではこの手の銀行以外の金融業者を良く見かける、

マジックミラーで中は見えない、

中で何が行われているか判らないと言うのは不気味だが、派手な看板はそれを和らげているつもりなのだろうか?

しかしカネ貸しのネガティブさは抜けきれるモノでは無い、、、これはニホンでも同じ、

そう言えばムスリムは金利を否定しているがこの店は利率を表示している、

50,000リンギットまで貸すそうだ、

 さて、いったい中では何が行われているのでしょうか?

私が実際に使ったルート:2014/11/19~20
1、ホテル→フェリー、徒歩、タダ、
2、コタキナバル→ラブアン島、フェリー、
3、ラブアン島→セラサ(ブルネイのフェリーターミナル)、フェリー、2と合算で68.6RM、
4、セラサ→バンダルスリブガワン(ブルネイのダウンタウン)、ローカルバス、1B$、
5、バンダルスリブガワン→Terminal Bas Pujut(ミリの北側のバスターミナル)、インターナショナルバス、20B$、
6、バスターミナルの近く→ミリのダウンタウン、ローカルバス、1RM、

では詳しく解説する:
1、キタバルのフェリー乗り場は街の北側に有る、ムルデカ広場からでも歩いて15分くらい、

右側がチケットブース、正面の奥がフェリー乗り場、

2、フェリーのコンプレックスでは右手にチケットブースが並んでいる、No.4がラブアン島/ブルネイ行きのブース、遅くとも7時30分くらいまでにはチケットを買おう、私が買ったチケットはラブアン島までがファーストクラス、ラブアン島からブルネイまでがセカンドクラスだった、出港は8時00分、午後にも1便有るがブルネイに行くなら午前便に乗らないといけない、この点は後述、
ブルネイにはバスでも行けるそうだが、今回フェリーで正解だった、フェリーの場合信号も無くグイグイ進んで行く、

これに乗る、

ラブアン島には11時頃に到着、ここははまだマレージア内だ、次に乗るブルネイ行きのフェリーは1時30分なのでだいぶ時間が有る、食事を取れる、
必要な人はここで酒とかタバコを買おう、ブルネイの免税範囲は酒は1リットルを2本まで、タバコは免税が無いみたいなので1箱くらいを隠し持って行く程度が良いと思う、
1時過ぎになったらマレージアの出国準備、イミグレを抜けフェリーに乗る、

3、セカンドクラスは船の下の方の席なので外は空しか見えないのでつまらないが1時間位なので我慢しよう、

1時間くらいで着いてしまう、

実際に3時前にはセラサに到着、ブルネイに入国、エントリーカード有り、特に問題無く入国可能、荷物はX線検査有り、タバコを1箱持っていたが何も言われず、

4、セラサからバンダルスリブガワンはかなりタフ、
イミグレを抜け外に出ると何も無い、良く見ると一角に両替屋が有るだけ、その先にバスターミナルかタクシー乗り場みたいのが有るが人も居ないし乗り物も無い、、、タクシーの声掛けも来ない、
こんな感じ、

一応ブルネイドルの小銭が必要だろう、

両替屋でBDを用意しておく、11RMで4BD、、、写真は私では有りません、

さて、どうしたものか?
何人かに訊いてみるとバスルートはアウトサイドだと言う、このコンプレックスには乗り入れて居ないと言う事か!?
グーグルマップを見るとそのまま西に向かうと大通りが有るみたいだ、民家しか無く人も歩いていない通りを歩く、500mくらい、
で、大通りにコンビニみたいなスーパーを発見、

コーラを買いバスについて訊いてみる、バスは1時間に1本だそうだ、次のバスは4時頃らしい、まだ1時間も有る、しかし仕方無い、待つ、

結局バスが来たのは4時半頃、バンダルスリブガワンまで行くと言う、
しかしこのバスはフェリー乗り場の近くのMuara Town Bus Stopと言うバスストップで終点だった、ここからバンダルスリブガワンまで向かうバスがまた別に有る、乗り換えるが料金は最初のバスに払っているので余分にはかからない、チケットを持っておく事、30分くらい待ってから出発した、5時過ぎ、

山有り海有りを抜け6時前にバンダルスリブガワンに到着
と言う時間に到着するのでキタバルからは朝出発しないとダメなのだ、

と言う訳でカシコイやり方としてはフェリー乗り場からMuara Town Bus Stopまで歩ってしまえば良い、グーグルマップが無いと難しいが、約1.5km位なので歩けない距離では無い、でこのバスストップからバンダルスリブガワンへのバスに乗れば1時間以上早く着ける、

この39番がバンダルスリブガワン行き、

5、翌日はミリに出発、インターナショナルバスは1時発、場所はローカルバスターミナルの南側の川沿いの通りにデラックスバスが何台か停まっているところ、1時近くになると人が集まってくるので「ミリへ行くのか?」と訊いておこう、

時間になるとバスが来る、

チケットは無く乗ってから料金を払う、パスポートを見せろとも言われる、
4時半頃には両国のイミグレを通過、
ミリの北側バスターミナル;Terminal Bas Pujutに着いたのが6時前、

6、さてこのバスターミナル、通りから奥まったヘンピなところに有る、

いろいろブログを見てみるとタクシーでダウンタウンに行けとか書いて有るが私はタクシーに乗る身分では無い、

路地をクネクネ歩き、北側の大通りまで出よう、Jalan Miri pujutと言う通り、この道にはバスが走っている、
マレージアのバスは手を挙げればどこでも載せてくれる方式では無い、歩道橋のところにバス停が有るのでそこで待とう、

これがバス停、

で、するとどのバスに乗るかと言う話になるが、
一番の中心部に行くバスはNo.6266だ、乗ったバスはまっすぐ南下する、20分位すると右折するので最初のバス停で降りよう、この通りがJalan Merbau、西に見える白と青のホテルがMEGA HOTEL、今だいたい安宿街の中心に居る事になる、

hv a cheap trip!

バックパッカーにとっては一応ボルネオにも足を運んでみようと言うだけかも知れないが、特に何も無いのに何故か日本人が良く行くコタキナバル、
私も一応行ってみました、

確かに歩き回ってみましたが特にコレは!と言うモノはヤッパリ有りません、
また貧しい人も居ない、スラムも無い、自称スラム評論家の私としては拍子抜けでした、

で、今回は安宿の紹介だけしておきます、

安いと思えるのはこの3つ、
1、GAYA HOTEL 25RM、
2、SEASONS STREET LODGE 40RM、
3、STAY-IN LODGE 45RM、

上記はシングルの値段、他は安くてもだいたい60以上するのでだいたいこの3つだと思う、

ガヤホテル:
ムルデカ広場;Merdeka Squareの道を挟んだ北側、エアポートバスを降りると目の前だ、

すぐ判る、

見た感じあんまりきれいなホテルでは無いがマレージアでシングル25RMは魅力的だ、
その為か私が行った時には「FULL」だった、
しかし泊まらずに正解だったかも知れない、一説には3Kだと言う、汚い、暗い、危険、またクサいが付いて4Kかも知れない、
ソースは下記ブログ:

ガヤホテルのボスに他に安宿は無いかと尋ねると教えてくれた、北側のJalan Gayaの通りのコーヒーショップの2階が安いと言う、これが2と3のロッジ、

この2つは並んでいる、

シーズンストリートロッジ:
40RM、安い、しかしシングルはここもフル、
レセプションで聞いた話だとバストイレは別、ファンのみ、
、、、泊まった訳では無いので良くは判らないが見た感じは清潔だ、下のステイインロッジより中は広々としている、
、、、wi-fiのシグナルは来ていない、

ステイインロッジ:
45RM、ここは空いていた、デポジットが15RM、部屋はファンのみ(エアコンは無し)、バストイレ別、風通しも良く、特に汚いと言う事も無い、wi-fiは無い、

部屋の内部、

なのでお勧めは2と3のロッジ、ここがフルだったらガヤホテルにダウングレードするか逆にもっと高いホテルを選ぶか、そんなところだろう、

バックパッカーの間では知られた話だがマレージアは安宿が少ない、オイルで裕福なここコタキタバルなんか特にそうみたいだ、
キタバルはそう大きな街では無いがムルデカ広場;Merdeka Squareを中心にホテルは全域に広がりだいたい70~80くらい有るみたいだ、
上に紹介した以外のゲストハウスやホームステイと書かれている宿でもだいたいシングル60RM位からが基本みたい、

なお、飛行機で到着した人はエアポートバスのチケット売り場でホテルマップをくれるのでそれを参考にしよう!

検索するとMYHOMESTAYの評判が良い、

>僕がミリで安宿を紹介するならこの宿、My Home Stay以外に考えられません。
>それほどレベルが高いと思います。
>でも狭すぎる部屋や、窓のない部屋、共用バスルームが苦手な方には おすすめ出来ません。

>以上、マイホームステイ以外
>宿のコスパは悪いということがとても分かりました><

と言う訳で実際に泊まりに行ってみた、

しかしこのホテル全然ダメ、
1、タコ部屋、
2、ファン無し、エアコンのみ、空気がこもる、
3、狭いローカ、
4、全室禁煙、
5、ついでに2014/11時点ではシングルは平日55R、金土60Rです、高い、


自称安宿評論家のすてぃんきー君が解説しましょう

築浅なのでキレイはキレイだが全室窓無し、部屋にはベッドのみしか無い、こう言うのはタコ部屋って言うんですよ、、、ちなみに私は過去にミャンマーの田舎でこう言う独房みたいな窓無しの部屋に泊まった事が有るが2/3ドルだったと思う、

ファンが無くエアコンのみはキツイ、全室そうみたいなので空気のこもる事、つまり建物内部が全部エアコン臭です、

狭い建物に強引に作れるだけ部屋を作ったみたいで廊下はせせこましい、すれ違いにも気を遣うほどだ、まあこれはどうでもイイが、

部屋の禁煙は無いだろう、他のホテルを探している最中に気づいたがミリでは禁煙のホテルなんて無い、どこのホテルでも部屋を見せて貰うとたいがい灰皿が置かれていた、

ミリの安宿街はどこ?
上の2つのブログでは書かれていませんがミリの安宿街はMEGA HOTELとMeritz Hotelの間に有る、MYHOMESTAYからだったら目の前の道を南下しよう、500mくらい行くと右側に大きな青と白のホテルが見える、これがMEGA HOTEL、実際にこのホテルまで来てみましょう、そこから東を見るとMeritz Hotelが見える、安宿はこの2つのホテルの間に多い、

VISA INN、CITY INN等はホントにダメなのか!?
ダメだ、両方共泊まる気がしなかった、特にVISA INNの最上階の安い部屋は最悪で'食べ物の腐敗臭がフロア中に充満していた、CITY INNについては記憶が無いのだが出掛けに若い女性が荷物も持たずに階段を上がってきた、説明は省略するがこの2つは基本連れ込みホテルだと思う、この地区にはミニスカートでひとりでいる若い女性を良く見かける、

ではホントの50RM以下のおすすめ安宿はどこ?

ひとつは新架橋旅店;NEW HUA KIEW HOME STAY、チェーン店で安宿街に3つ有る、シングル60RM、

もうひとつは今日酒店;TODAY INN、ここはシングル50RM、

両方共泊まりましたが清潔で健全なホテルです、インサイドバス、wi-fi有り、

さてここには書かないがホントのホントに超おすすめなのは私が今泊まっているホテル、シングル40RM、清潔、インサイドバス、wi-fi有り、お湯無料(カップヌードルを食べる時に使う)、濾過した水無料、
いろいろサービスが有りますが最大のおすすめポイントは開放的で空気が新鮮だと言う事、、、それからここには扇風機が付いています、

しばらくいる予定ですので
名前と場所はチェックアウトしてから教えますネ

---

では私のオススメする最高の安宿:

2014/12/30Tue
hv a nice stay!

↑このページのトップヘ