すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: その他の国

タール火山の詳細については他のブログをご参照下さい、このブログは見に行く為のテクニックだけを説明します、


タール火山を見に行く行程はこんな感じになる

タリサイのボートステーションからパワーボートでタール火山島へ、
馬に乗って山頂まで移動、
勝手に見る、
馬で島の岸まで戻る、
パワーボートでタリサイへ、

と言う訳でまずはタリサイに拠点のホテルを確保しなければ行けない、それについてまず説明する、
タリサイへの行き方と帰り方
定番のコースはバスでマニラからタガイタイまで行き、そこを拠点に火山を見に行くと言うモノ、
日本人向けのツアーもそんな感じらしい、
ツアーの人はアテンダントに任せるとして、個人で行く場合の行き方を実際に私が行った体験を交えて説明する、
また私はタガイタイにマニラ以外のルートで入った為マニラからタガイタイまで移動する方法については経験は有りません、検索すると数多く出ますのでそちらを参考にして下さい、
タガイタイからタリサイへの移動
ジープニー等公の輸送期間は無い、有るのはトライシクルだけ、私が乗ったトライシクルはタガイタイの東、ちょうどタリサイに下る道の分岐のところだったが値段は200ペソ、
距離にして8km程度なので高いと思うがドライバーの話では「タリサイに行っても帰りの客を拾えない」との話だった、隣に立っていたポリースマンの話では下と上では交流が無い、との事、
タリサイからマニラへの戻り方も書いておく、タリサイからまたタガイタイまで戻れる勇気の有る人は良いが、タリサイ東のテナウアンまでジープニーで行き、マニラ行きのバスに乗る方がクレバーでチープ、タリサイのジープニー乗り場はシティオフィスの前、TANAUANとサイネージの掛かったジープニーに乗ろう、

27ペソ、約30分、テナウアンのジープニー乗り場で降りたら東に歩き大通りへ、バスストップはここ⇗、LRTと書いてあるバスがマニラに行く、107ペソ、約3時間、マラテの南側まで行く、

タリサイのホテル
私が泊まったのはOYO120BalaiSofia、
booking.comで予約、OYOなので嫌だったが他に安宿のチョイスは無かった、支障は無かったがこのOYOは金土は値段が上がるので注意、あとはリゾートホテルみたいなのが数件有るみたい、

さて、実際のボルケーノツアーについて説明しよう、
ボートステーションは2ヶ所有る
ひとつはセブンイレブンを東に行ったところに有るマーケットの近く、
もうひとつは街の西、タガイタイに向かう道を右手にちょっと歩くと看板が有る、
私は街の西のオペレーターの方を選んだ、理由は料金だ、往復1,000ペソで交渉がまとまったから、
これら2つのオペレーターの話を総合すると、タール火山の観光料金はすべて公定だそうだ、抜粋するとこうなっている、
パワーボート 2,000pesos
500pesos
入場料 100pesos

これらは行政で決められているので値引きは出来無い、
とは言ってもこの観光は年中盛っている訳ではない、季節や時間によっては暇を持て余してしまうみたい、実際に私が行った日は閑散としていた、よって交渉によっては”特別に”安く載せてくれるらしい、
そんな事は知らずに交渉していたが、セブンのところのオペレーターは1,300ペソだと言うが私はcannnot affordだった、タガイタイのオペレーターに値段を聞かずにこっちからズバリ1,000ペソと持ちかけるとあっさりOK、

実際のツアーはこんな感じで進んだ、
まずサインアップする、
名前を書くだけ、
ボートドライバーと一緒にステーションへ、
ボートに乗り約30分で島の岸に到着、
ドライバーはボートを岸の係留所に縛ってくれたおばさんに50ペソ払えと言う、
まあ良い、払う、
続いて入山料100ペソ
馬に乗れ、

判った、乗る、500ペソ払う、往復だそうだ、ここでボートドライバーは待機モードに入る、続いて馬のハンドラーに交代、
馬は乗った方が良い、岸から山頂まで人間が歩ける様な道は無い、歩いたとしたらかなり汚れるだろう、転んだりしたら真っ黒になる、
馬は馬と言うよりポニー、普通の馬よりちょっと小さい、しかし馬力と言う言葉が有るがものすごくパワフルだ、人間を載せて山をグイグイ登っていく、ハンドラーは歩き、
ホースハンドラーは簡単に火山の説明を始めるが、どこの国の人はチップをたくさんくれる、どこのは少ない、と言う内容も混ぜてくる、要するにチップのおねだりだ、
日本人は来るのか? 1日15人位は来ているが今日は来てない、、、そうだ、
道中2つのトラップが有るので説明しておく、
1つ目はハンドラーへ飲み物を買え、途中の飲み物売り場で老婆がそんな事を言っているが買わない、、、買うんだったら馬の方に買ってやりたい、
2つ目は記念写真、カメラを持った男が近づいてくる、さっきの飲み物の件が有ったので予防出来た、nonono no thank you! ちなみに撮られると後でこう言うのを買わされる、
値段は知らない、、、400pesosくらい?
ふもとから3kmくらいか? やがて山頂に着く、20~30分したら戻ってこい、と言われ後は自由行動、お店が有る、くつろいでいる人、飲んでる人、
左右に道が伸びている、東の方は何か有るが人気が無い、
西の方には煙が吹き出しているところが有り見ている人たちも、
歩って行くとここからはまた入場料が必要みたい、50ペソ
吹き出る蒸気、温泉の臭い、
30分位して馬に戻る、また馬に乗って今度は下る、ふもとでホースハンドラーには200ペソチップ渡した、
ボートドライバーのところに連れてって貰う、おばさんがひとり立っている、彼女は私の母なんだ、一緒に載せて良いか? no problem、
30分程でタリサイに到着、ドライバーにはチップを100ペソ渡した、ホースハンドラーやボートドライバー、チップはあげるべきだと思うが、だいたいこんな額で良いと思うけど、どうでしょうか!?

経費一覧
パワーボート 1,000
係留料 50
入場料 100 火山入口
500
入場料 50 火山西部
チップ 200 ホースハンドラー
100 ボートドライバー
---------------------------------------------------------
合計 2,000

なおパワーボート代を1,000ペソにディスカウントした事は人に言うなと言われているのでこの件は日本人だけの間の秘密にしておいて下さい、

パクセーでは外国人はだいたい街西側のホテルに泊まる、よって彼らを当て込んだバイクレンタル屋もその周辺に存在している様だが、私はニューマーケットの西側のホテルで借りてみたので報告する、

2019年3月現在の情報です、

場所はここ、SOUBANDITH HOTEL、

New Marketの西側、

看板が有る、Rental Motor cycles Service、

受付はホテルのレセプション、
これがプライスリスト、バイクはプライスが色々有るが、マニュアルとオートマでの違いだと思う、

私が借りたのはマニュアル車、7ドル、キップで65,000kip、

ヘルメットもいっしょに貸してくれる、

ペーパーワークが必要、パスポートとキップを渡すと書類を作ってくれるのでサインする、
これが契約書、

これがバイクの登録書類みたい、

パスポートを預かる為そのコピーを渡してくれるみたい、


さて1日乗り終わって返却、ドアボーイにreturnと言いバイクを返す、レセプションには書類を返し、代わりにパスポートを返してもらう、この時にパスポートのコピーは回収しておこう、
特にトラブルも無く終了、

契約の条件だがはっきりしない、24時間制なのか、夜には返さなければいけないのか、ガソリンは借り主負担だろうが特に案内も無い、ただパスポートを預かると言うのは決まり事みたいで上の様にしっかりした契約を求められる、これらは言葉の壁から来ている、彼らはまったく英語を使わない、
よって説明されない疑問は自分で補うしか無い、日をまたぐのも面倒なので朝借りて夜に返却した、ガソリンは返す時に2リットル入れておいた、20,000kip、

さて、パクセーでバイクを借りてどこに行く?
1日走ってみたけど特にインプレッションが無い、東の方に行くと山が有るが周辺は何もない、西にメコン川が有るが川沿いをクルージング出来ると言う訳でもない、
しかしパクセーの街をこまごま見て回るにはバイクは便利だった、特に街の東の方、またパクセー国際空港のあたりにも街が有る、、、

それがどうした?
いやなにも!

、、、どうも何も思いつかない、何も書けない、、、要するにパクセーには何も無いのだ、 i m afraid to say、

このルートは本来インターナショナルバスを使えばそれで終わりだ、200バーツ、所要3時間半、しかし今回はミニバスを使って小刻みに移動してみる、理由は今回のラオス訪問はビザを取得しての入国のため、これをやった場合集団行動のインターナショナルバスでは他の入国者に迷惑がかかる可能性が有る、アライバルビザを取るのに時間がかかるかも知れないと言う懸念、

目次
1、ウボンラーチャターニーからチョンメックまでの移動
2、アライバルビザでの入国
3、ワンタオからパクセーまでの移動

1、ウボンラーチャターニーからチョンメックまでの移動
チョンメックとはタイ側の国境の街、Chong Mek ช่องเม็ก 、
9時過ぎにウボンラーチャターニーの北のバスターミナルに行ってみる、
乗り場は18番、ミニバンが有ったので聞いてみるとチョンメック行きだと言う、

乗れ、100バーツ、
なお、この日9時30分発のインターナショナルバスはfullだそうだ、
パッセンジャーはこんな感じ、

途中検問が有るが外国人は問題にしていない、警察はラオ人の密入国を警戒しているだけ、
途中フィブンで乗り降りが有り、チョンメックには1時間半くらいで到着、


2、アライバルビザでの入国
ラオスには何度か来ているが、今回は30日間滞在すると言う計画、よってアライバルビザを取って入国となる、
駐日ラオス大使館⇗ のホームページによると必要なモノは下記、
パスポート
写真2枚
30米ドル
アプリケーション;ダウンロード直林⇗

イミグレの建物に立つと窓口がいくつか見えるが、6番にvisa on arrivalの文字が、

まずエントリーカードを貰う、エントリーカード!と言って手を差し出す、ラオスではいつもこんな感じ、
さて上記に加えこのエントリーカードで書類はすべて、しかし心配事がひとつ有った、日本人はビザ無し入国が許されている、アライバルビザ入国と言う事を認識してくれるだろうか!?30ドル払っていつもの15日間スタンプしか貰えなかったらと言う懸念、
窓口は混んでいない、声を掛ける、excuse me、オフィサーに説明する、arrival visa、すると理解して貰えた様だ、how many days? この言葉が欲しかった、30days、カネを含め書類を受け取ったオフィサーは、no9、と言って片手で指を指す、9番の窓口で待てと言う事か!?
なお写真は1枚返してくれた、

3分、5分経つ、声を掛けてみる、my visa and passport、若いオフィサーはone moment,one moment、
しばらくしてパスポートを渡してくれた、中を見てみると、貼ってあるビザシールには私の名前が印字されている、

入国スタンプの滞在期限は30日後、

これで入国に成功!

3、ワンタオからパクセーまでの移動
ワンタオとはラオス側の国境の街の名前、Vangtao ວັງເຕົ່າ 、ここからミニバンでパクセーまで行ける、
イミグレの階段を降りるとミニバスが停まっているので外国人に声を掛けてくる、パクセー?

ミニバンは30分くらいでパクセーに到着、

料金は100バーツ、ラオキップを示すと30,000キップだそうだ、
到着場所はnew marketの前、

現在パクセーの片すみに居ます、2週間程度経過、

ホテル
VILAPHATH GUEST HOUSEと言うところ、Pakse new marketの西側に有る、ホテルカードも無い様なところだが1日100,000kip、

完全にラオ人用みたいで外国人は私だけ、
日当たりと風通しがよいのでなんとなく居付いてしまった、
東南角部屋で奥に有り人が前を通らないのがいい、

クーラーは有るけど使わない、私としてはファンルームの方が好みだった、
外のキッチンではコーヒーを自由に飲める、電気ポットも有りカップラーメンも可、サーバが有るので水ももらえる、

いつもツンツンしているメイドが毎朝メンテナンスシてくれる、いい加減なつけばいいのに、、、

また手持ちのラップトップをHDMI対応のTVに繋げば日本のネットTVも視聴可能、

と言う訳ですが私基準では快適です、

暑い/熱い
毎日気温は35度以上、スーパーに買い物に行っただけで帰ってくると汗の噴出、

しかしもうしばらく居る予定、現在2月、

観光地ではない
西の方に行くと西欧人を良く見るが、日本人はを含め東アジアのツーリストはほとんど見ない、
パクセーに観光スポットは無い、まったく無い、
検索するとパクセーの見どころとかを紹介しているページが出てくるが私には違和感しかない、こう言った文化や自然環境や宗教施設はこの地域のどこにでも有る、パクセーでしか見られないモノではない、

でも、パクセーはここに住んでみようと言う人には良いかも、

ゲームセンター
北にはモールが有り、1階の1角にはゲームセンターが有る、

紙幣しか無いこの国ではコインを買ってプレイする、カウンターに3,000と書いて有るので出してみると4枚のコインを貰えた、

遊んでいるのは上品な人びとみたい、親が子供を遊ばせてたり、大学生のグループデートとか、

私がUFOキャッチャーをやると注目された、コントローラーを指先に機械の側面に回り込み目視で微調整する、日本では当たり前のテクだが、
しかし彼らの表情を見てると、
「日本人はそこまでしてやるのか!?」
そんな声が聞こえてきそうだった、
なお、景品は取れなかった、

ピープル
この子どもたちすごくやんちゃでシャツも汚れてるんだけど写真ではそれは写らないみたい、
今彼らは学校が終わったところでこの後親たちのバイクが大挙して迎えに来る、

ある程度体がしまった年齢になると彼らはこのスポーツに熱中する、足でやるバレーボールみたい、

お酒を飲む年齢になると人気なのがビリヤード、ビアラオは常にかたわらに、

この語年齢がすすむと、、、この話はまた今度、

一度は行かなければいけない国ブルネイ、しかし私がこれまでためらっていたのはやはり当然酒が飲めないからだ、

ドライカントリー:
この国には酒屋やバーは一切無し、まあこれらについては検索してみればいろいろ記述が有るのでここでは触れない、
私の場合今回とうとうブルネイなのでマレージアとの国境でウオッカを1リットル買って入国した、外国人の場合持ち込んでホテル内で飲んでいる分には問題は無いそうだ、

タバコも売ってない:
これはショックだった、私はこれを知らなかった、
ムスリムが酒を飲まないのは当たり前だから納得出来ていたがブルネイではタバコまで禁止だとは、
何でもこれは法律か国王の勅令だと言う、国内ではタバコの販売は一切禁止、
しかし街なかで普通にプカプカ吸っている人を見るし、吸い殻もあちこちに捨ててある、聞いてみると販売が禁止されているだけで吸うのは構わない、タバコはお店では売っていないがブラックマーケットで簡単に手に入り値段もマレージアと変わらないと言う、ではそのブラックマーケットはどこだと聞くとマーケットと言うそんなタイソウなモノでは無くたくさん持っている一般人から数箱づつ現金買いしているのが実際の様だ、マレージアとの国境は緩いので有り得る話だろう、ちなみに税関で正式に申告すると1箱10B$(約900円)の関税がかかる、

で、タバコの切れた私は困った、
ホテルのボスから1本貰えたが1箱欲しければ明日買ってきてやるそうだ、値段は4/5ドル、なるほどマレージアと変わらない、
夜の街を歩いて吸っている人に声をかける、タバコ売ってくれないか!?
4/5本まとめて差し出されたのでカネを払おうとするとさえぎられた、「for our friendship」だそうだ、、、こんな国は初めてだ、

ホームレスもいるがスラムはない:
国民は裕福だと言われている、王も大変な資産家だそうだ、これらの点も検索すると詳しく説明されているのでここでは書かない、ここで書くのは貧困層も居ると言う点だけ、

写真の彼はこのゴミ箱でペットボトル、アルミ缶等資源類を集めている、

夜の仕事みたいだ、

同じ様な人をもう一人見た、廃屋の一画に横たわっていたおじさんは生活用具や奇麗に分別された資源ゴミを指差し何やら語っていた、このおじさんの場合ここで寝泊まりしているのだからホームレスと言う事になるだろう、なお不機嫌そうだったので写真は取っていない、

実際にこう言う暮らしをしている人たちもブルネイには居るのだ、

また今回は北から入り南にバスで抜けたが一切密集したスラムの様な地区は見なかった、多分そう言うのはここには無いと思う、

ゴミひとつ落ちていないブルネイの街、

なお、中心部に有る水上集落はタダの一般人の生活地区だ、これも検索すると判る、

上記は私の見た事実のみだ、解説は出来無い、私はブルネイの社会構造に対して何の知識を持っていない、

英語がうまい:
多くの人びとが英語を話し、そしてそれがうまい、お店のおばさんや食べ物屋のお姉さんもきれいな英語を話す、

ギャンブル屋を見ない:
マレージアには街なかの多くにロト屋が有り人の出入りも多い、しかしここブルネイではそんな店は見ない、、、闇には何か有るのかもしれないが、
ついでに当然性風俗屋も無い、しかし売春の無い国は無いだろう、どこかで勝手にやっている個人は居ると思う、

のんびり生活:
夜は早い、遅くまで営業しているのはKFCや開放的な喫茶店がいくつか、それでもでも11pm頃には閉まってしまう、
朝はみんな遅い、商店も8時をまわらないと始まらない、水も買えない、喫茶類も9時頃から、
唯一生鮮品を扱っている市場は早くからやっているが旅行者が買う様なモノは売っていない、

ついでに、、、ブルネイにはジブリの工場が有った:
ジブリの工場とは宮﨑駿さんの映画に出てくる様なカラフルできれいな工場の事らしい、何年か前にネットメディアで話題になったみたいで一番有名なのは川崎の工場地帯でツアーバスとかも組まれているそうだ、

ソース、

これがブルネイにも有るのです、

この件詳しくは後日書きます、

↑このページのトップヘ