すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

カテゴリ: その他の国

一度は行かなければいけない国ブルネイ、しかし私がこれまでためらっていたのはやはり当然酒が飲めないからだ、

ドライカントリー:
この国には酒屋やバーは一切無し、まあこれらについては検索してみればいろいろ記述が有るのでここでは触れない、
私の場合今回とうとうブルネイなのでマレージアとの国境でウオッカを1リットル買って入国した、外国人の場合持ち込んでホテル内で飲んでいる分には問題は無いそうだ、

タバコも売ってない:
これはショックだった、私はこれを知らなかった、
ムスリムが酒を飲まないのは当たり前だから納得出来ていたがブルネイではタバコまで禁止だとは、
何でもこれは法律か国王の勅令だと言う、国内ではタバコの販売は一切禁止、
しかし街なかで普通にプカプカ吸っている人を見るし、吸い殻もあちこちに捨ててある、聞いてみると販売が禁止されているだけで吸うのは構わない、タバコはお店では売っていないがブラックマーケットで簡単に手に入り値段もマレージアと変わらないと言う、ではそのブラックマーケットはどこだと聞くとマーケットと言うそんなタイソウなモノでは無くたくさん持っている一般人から数箱づつ現金買いしているのが実際の様だ、マレージアとの国境は緩いので有り得る話だろう、ちなみに税関で正式に申告すると1箱10B$(約900円)の関税がかかる、

で、タバコの切れた私は困った、
ホテルのボスから1本貰えたが1箱欲しければ明日買ってきてやるそうだ、値段は4/5ドル、なるほどマレージアと変わらない、
夜の街を歩いて吸っている人に声をかける、タバコ売ってくれないか!?
4/5本まとめて差し出されたのでカネを払おうとするとさえぎられた、「for our friendship」だそうだ、、、こんな国は初めてだ、

ホームレスもいるがスラムはない:
国民は裕福だと言われている、王も大変な資産家だそうだ、これらの点も検索すると詳しく説明されているのでここでは書かない、ここで書くのは貧困層も居ると言う点だけ、

写真の彼はこのゴミ箱でペットボトル、アルミ缶等資源類を集めている、

夜の仕事みたいだ、

同じ様な人をもう一人見た、廃屋の一画に横たわっていたおじさんは生活用具や奇麗に分別された資源ゴミを指差し何やら語っていた、このおじさんの場合ここで寝泊まりしているのだからホームレスと言う事になるだろう、なお不機嫌そうだったので写真は取っていない、

実際にこう言う暮らしをしている人たちもブルネイには居るのだ、

また今回は北から入り南にバスで抜けたが一切密集したスラムの様な地区は見なかった、多分そう言うのはここには無いと思う、

ゴミひとつ落ちていないブルネイの街、

なお、中心部に有る水上集落はタダの一般人の生活地区だ、これも検索すると判る、

上記は私の見た事実のみだ、解説は出来無い、私はブルネイの社会構造に対して何の知識を持っていない、

英語がうまい:
多くの人びとが英語を話し、そしてそれがうまい、お店のおばさんや食べ物屋のお姉さんもきれいな英語を話す、

ギャンブル屋を見ない:
マレージアには街なかの多くにロト屋が有り人の出入りも多い、しかしここブルネイではそんな店は見ない、、、闇には何か有るのかもしれないが、
ついでに当然性風俗屋も無い、しかし売春の無い国は無いだろう、どこかで勝手にやっている個人は居ると思う、

のんびり生活:
夜は早い、遅くまで営業しているのはKFCや開放的な喫茶店がいくつか、それでもでも11pm頃には閉まってしまう、
朝はみんな遅い、商店も8時をまわらないと始まらない、水も買えない、喫茶類も9時頃から、
唯一生鮮品を扱っている市場は早くからやっているが旅行者が買う様なモノは売っていない、

ついでに、、、ブルネイにはジブリの工場が有った:
ジブリの工場とは宮﨑駿さんの映画に出てくる様なカラフルできれいな工場の事らしい、何年か前にネットメディアで話題になったみたいで一番有名なのは川崎の工場地帯でツアーバスとかも組まれているそうだ、

ソース、

これがブルネイにも有るのです、

この件詳しくは後日書きます、

バングラデシュは娯楽が少ない、
もともと最貧国と言われている上にモスリムの持つスーフィズムと言う禁欲思考や偶像崇拝の禁止から来る美術芸術の遅れ等は大衆文化を育ちにくくしている、

しかしセックス、ドラッグ、ギャンブルはどんな国にでも有る、ドラッグについてはマリファナの記事を参照、今回はギャンブル編です、、、セックス編は有りません.

街なかを歩くと良くこう言う人たちを目にする、

カネは賭かっているんだろうか?

しかしここチッタゴンではもっと大掛かりな闇賭博場を発見した

夜に酒が切れたので酒屋に行くとアラびっくり、昼間と違って異様に人が多い、と言うかこの小さな酒屋の後ろに何か有る様だ、

左がその"何か"、右は酒屋、

入ってみると広い部屋、数百人の男たち、

ギャンブル屋だとすぐ判る、

やってるのはビンゴゲームみたいなモノらしい、どこかで抽選しているんだろうが、2桁のナンバーがスピーカーから次々に聞こえてくる、これが全部英語でアナウンスされているのには驚いた、

途中で勝者が出て、上の写真の彼は6,000タカ当たったと言う、英語をしゃべる近くの人が教えてくれた、

賭場と言えば酒タバコが付きものだが中では酒はサーブしていない、飲み物は出している様だが酒は入っていないみたいだ、なので酒を飲みたい人は入り口のところの酒屋で買って外でこっそり飲む、だからかどうか博打に熱くなって熱狂している人もいない、モスリム圏のギャンブルとは落ち着いたモノだ、
なおタバコは自由、

写真や動画を撮っていた外国人の私は目立った様だ、動画の後半に写っているが私は事務所に案内された、カウンターの中だ、

動画が途中で終わっているのは撮影をやめる様にゼスチャーされたからだ、このあとの話は日記を元に説明する、
キヤッシャーが何人かいてチケットをさばくのを横目に私は奥の部屋に連行された、中には恰幅の良いバングラ紳士と彼の目の前には大量のタカ紙幣、残念ながら絵は撮れなかったがコレにはビックリ!

紳士は
このギャンブルはイリーガルだ、
写真は撮るな、
お前は秘密に触れた、
などとシンプルな英語を私に伝えた、

部下に何やら指示する、

私はスマキにされベンガル湾に放り込まれた、合掌.

スラムは都市圏に有る、理由は住んでいる人たちは都市資源を利用して生活しているからだ、、、そりゃそうだよな、山奥にスラムが有るなんて話聞いた事無い、この法則は先進国を含めどの国でも同じだろう、
そしてスラムとは豊かさに対する対比語だ、立派な町並みが有り、有る区点を過ぎるとガラッと貧しいスラム街になる、

なのでほとんどの人が貧しい生活をしている国々ではそれが当たり前で貧しいと言う観念自体が無いんじゃないかとか私は思っている、

いろんな人のブログを見ると、目を背けたくなる様な状況だとか悲惨さを物語る表現ばかりだが、確かに先進国の人々が自国と比べればそれはそうなんだろうが、、、そこで生まれて住んでる人たちには当たり前の生活環境なんじゃ無いかとしか私は考えていない、

と言う訳でその手の感想はそう言う人たちにお任せして、、、

①線路沿いのスラム街:
チッタゴンではコミラからの列車を迎えてくれるのはまず掘っ立て小屋、

最初は"家"だけ見えてくるが、

スラムも場所によって"相場"が存在すると思う、駅に近づくにつれ人も"家"も多くなる、

これは後日駅の北側の陸橋から撮った画像、

これは一部だが全部で数百世帯有る、

赤ちゃんも居るし、

②木賃宿:
チッタゴン駅東側のメインロードにはホテルがたくさん並んでいるが、一風変わった宿も点在する、まず画像から、

通りから中の様子は丸見えだ、ご覧の通りベッドが並んでいるだけの宿屋でただ寝るだけのところみたい、
外国人旅行者が泊まる様なところじゃ無いのは明白だ、私もココに泊まれと言われたら引く、地元の賃収入を得ている人たちの日借りベッド屋と言ったところだろうか、

一説によると1泊15タカくらいだと言う、

ビンボー人大好きな私としては歩ってるといつも目につくので興味津々だったのだが、

しかしヒトのビンボーを面白がってそれを写真に撮る事は道義的に考えてどうなんだ?(※1)と言う命題を抱いている為ズッーと控えていたんだが私は1週間も2週間も居たのであの通りではちょっとした有名人だった、恐る恐るのぞき込むとアラ皆んなニッコリ!

中には喜んでいる人も、

この様なベッド屋は各都市にいくつも有った.

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

(※1)矛盾訂正:
私は今まで色んな国々を訪問しスラムの画像/映像を撮って来ましたが、基本的に町並みや人々を撮るだけで家の中までは立ち入った事は無いのです.


さて今回は密造酒の話、当時の日記から.

タイやベトナムでは密造酒が買える、茶色いアルコールで日本で売ってる酒に例えると一番近いのは焼酎だが、どうも表現しきれない、何を原料にしているのかも知らないが安いので良く買って飲んでいた、大きなビンに入っているのをペットボトル売りしてくれて500mlで数十バーツ位、安いので勝手に作って売っているのは明白だ、webで調べるとヤードーンと言うらしい、

で、キワモノ好きな私としてはここBDでもそんなの売ってないかな!?となる訳だ、

謎の酒、バングラ:
日記より抜粋、2012Nov21Wedクルナ.
、、、リキシャが指を指す方に歩いて行く、と言っても何にも無さそうだよな、工場ばっかりだなあ、
外国人の私を見つけた廻りの労働者の人々は一応にある建物を指さす、下記の写真で黄色いシャツの若者が立っているところだ、ここに入れと言っているらしい、、、何が有るの? みな酒を飲む様なジェスチャーをする、ここで酒を売っているの?

しかしオッカナイよな、こんなトコ入ってくの! いきなりナイフ突き付けられたら、とか考える訳だが、入っていってしまう私、

人ひとりがやっと入れる様な狭い路地をクネクネ、暗い部屋に通される、
3人の若者が前に並ぶ、何やら話をしていてその内ひとりが1リットル入りのペットボトルを持ってくる、透明の液体が半分位入っている、

バングラ? と聞くとYESYES、
これがうわさのバングラ? 匂いをかぐと確かにアルコール臭、

3人ともまったく英語を喋らないが、なんとかGINだと言っているみたいだと日記には書いて有る、
1リットル300タカ、500mlで150タカだそうだ、

これを飲むの?

醸造はどこでしてるの?
タンクを見せてくれ、
いろいろ聞きたかったが情報は全く出て来ない、言葉の問題だ、

でもまあこの状況じゃあ買って帰るしか無いな、冷やかしても悪いし、

しかし毒味はしてもらおう、
ここはもしかしたら酒場? 持ってきたペットボトルの他にはコップとピーナッツの小皿が置かれている、
部屋はテーブルとイスが置いてあるだけの殺風景なモノだが、表の労働者たちが夜になるとここに来て飲むのかも知れない、

私はすこし注ぎ、彼らに薦めた、ひとりはムスリムだと断ったが後の二人はストレートでグイっといった、
飲めるらしい、

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ホテルに戻って良く見てみる、

このバングラと言う透明の液体、嗅ぐと確かにアルコールの香りなんだが、

メタノールに注意:
問題は飲めるのかと言う事だ、
と言うには理由が有る、私はメタノールを疑っていた、
メタノールを混ぜた密造酒、失明や死亡の危険が有ると言う、

懸念はこの記事だった、密造酒飲み143人死亡、100人以上が入院 インド・西ベンガル州、
インドの話だがここからコルカタはすぐ近くだから状況は同じ様なモンだろう、

なら判っているのなら最初から手を出さなければ良いだろう、

発端は街で出会った英語をしゃべるバングラ紳士だった、
carewでは無くBDのlocal wineは無いかとの私のリクエストを彼は正確に把握してくれた様だ、リクシャを捕まえドライバーと何やら話し、そのドライバーは紳士の注文を忠実に実行してくれた、
巡り廻りに流されてしまったと言う結果なのだ、まあこう言う事も有る、
ちなみに場所は中心部に有る特に特徴の無い工場街だ、説明は不可能、

しかしこのバングラにメタノールが入っているかどうかは判らない、入ってなければ飲めそうだが、入っていれば重大な健康被害、死亡、失明!?
「飲みたいけどな、、、ヤバいかなあ!?」

結局この酒は飲まなかった、トイレに流した、、、誰かにあげようかとも思ったんだが、あげた人に何か有っても気の毒だ、

アラと言うビルマ人のお酒:

これがうわさのアラ、

バンドルバン、2012Dec21Thurs、

買ったのはこのビルマレストラン、中心地から北の川に向かう途中に有る、住所は不明、行きたい人はこの写真をプリントアウトして持って行き地元の人に尋ねましょう、写真から見ると名前は TOHZAH RESTAURANT、

このお店のビルマ人の娘は英語が上手かった、
ARRAAと書くそうだ、rice wineでstrong、バングラとは全くの別物だそうだ、
1リットル300タカ、500ミリリットル150タカ、

一応ネットでも調べてみる、アラ、飲めそうだな、

飲んでみるとかなり強い、アルコールの酔いも感じる、味は何に例えて良いのか良く判らない、焼酎みたいな感じかな?

アラは飲めると思う、私はバンダルバンに2週間位居たが良く飲んでいた、

しかし毎日飲んでると何かちょっと普通のアルコールと比べ酔いが違うな! って感じる、酒酔いって言うのは脳への刺激なんだろうが、アラは脳の別の部分にも刺激を与えて居るのかも知れない、と私の日記は言っている、

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

まとめ:
バングラと言う酒はコミラでもサーブしている密造酒屋が有った、おそらくダッカ等でも探せば扱っている飲み屋が有ると思う、
コックスバザールもビルマ人が多いので1件だけアラを売っている場所が有った、
しかし両方共記録も写真も無い、私の記憶だけだ、

まとめるとBDの密造酒はムスリムの人はバングラ、ビルマ人はアラを飲む様だ、値段は上記の様にどっちも同一、

アラは飲めそうだけど、皆さんバングラって酒には気をつけたほうが良いです.

このブログのアクセス解析を見ると"スリランカ 大麻"で来る人が多いので2012年の私の日記を手元にちょっとこのテーマで書いてみます.

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

まず下記の写真を見て下さい、マリファナはこう言うところで買える、つまりスラム地区だ.

どこの国でも同じだがスラムにはたいがい若い男たちがタムロしている、何人かは英語をしゃべる、
こんなふうにやりとりした、
ガンジャ有るか?
有る.
いくらだ?
250rs.
今持っているか?
家に有る、持ってくる.

で買ったのがコレ.

250rsだと言っていたが200rs渡すとそれでOKだそうだ、このパッケージ見ると流通品らしいがあの青年が買い置きしておいたモノか、それとも売る側の人間なのか、まあどっちでも良いが、多分買い値は100rs位!?

マリファナはガンジャと発音すれば通じる、
注意点はやっぱりスラムなので昼間行く事だった、それもある程度周囲に人が居る場所で交渉する事、両方共自衛の為だ、、、付け加えるなら変にニコニコしない事、

下調べ:
さて、すんなり手に入った様に書いて有るが一応下調べはしている、
私の場合手順はこうだ、どこの国でも同じなモノ、

まずは入国前に、
日本の外務省のHPで治安について調べる、
民族対立が有るが今は沈静化しているらしい、一般犯罪についてもそう過渡なモノは無いらしい、比較的安全なムスリム圏らしい、

海外の大麻情報サイトでマリファナ情報を得ておく、
COLOMBO, SRI LANKA
基本的にはダメな様だ、しかしみんなやってそうだな!? あまり大きな問題では無いみたいだ、

同時に対象国の人間に直接インタビューしておいた、SNS等を使う、
内容は:
そこではganjaは合法なのか?
あなたはganjaをやるか?
相場はいくらか?
どこで買える?
とか、
私は以前は米国版のyahoo messengerのchat roomを使っていたがあのサービスは2012年に終了してしまった、現在有効なのはfacebook等だろうがこの点についてはあまり情報を持っていない、

買いに行く:
当時の日記を見ると、
tuktukのドライバーに尋ねると3,000rsだと言う、安いのは1stick500rs、今持っている訳では無く走って15分くらいのところにsellerが居ると言う、ちょっと高いよな、時間が無いと言って断ったと書いて有る、
スーツを着た学校の先生に聞いてみる、illegalだそうだ、
tavernで従業員や客に聞いてみるが皆んなillegal、あまり話に乗ってこない、
Dammika houseのbossは「わかった、明日売ってやる」と回答を貰ったがその約束は実行されなかった、なので街なかに買い出しに出たと有る、

買えるのはおそらくスラムだろう、

写真の日付によると場所はDehiwalaらしいが、あの線路沿いにこんなスラム有ったかな? この点日記の間違いかも知れない、

テイスト:
写真を見てお判りだろうが高級品では無い、あくまで地元の人々の嗜好用のモノだ、酒で例えれば安酒と言う事だ、
しかし記録によるとケッコウ効いたみたいだ、しかしこの点はあまり書かない方が良いだろう、
、、、お金たくさん持っていたらtuktukのドライバーから高いヤツを買ったかも知れない、またテーストは違ったかも!?

コメント:
体感私感だがこの国では皆んなマリファナやってると思う、同じ様な事をジャマイカ編でも書いたがスリランカではタバコの値段が異常に高い、定価制で1箱440rsもする、それだったら皆んな安いマリファナやるだろう、、、酒も高いし、

ま、でもこの国では違法だ、なので見つかれば捕まるのだろう、しかし取り締まりはほとんどしていない/されていないと思う、
しかし皆さん真似しちゃダメですyo!

↑このページのトップヘ