すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

タグ:アサウラ

私が書いたベン・トーのまとめの一覧です、

読み方
15巻有り大作だ、しかし肝要なところだけを取捨選択すればそんなに量は無い、読み始めると分かるがこのノベルは4つのパートに分かれている、
1つ目は本筋、アニメ版で描かれていた弁当争奪戦の話だ、結果から言うと私はこれだけをしか読んでいない、他のパートはすべて斜め読み、
弁当の見た目や味をディスクライブするアサウラさんの文章力はすごく、読んでいるとホッペが落ちそうになる、しかし食欲を刺激するだけで現物は味わえない、絵に描いた餅状態になる、食欲ポルノとも言える、よって欲求不満になるだけだ、これが始まったらスキップ、また食べ物に対するトリビア、ウンチクもてんこ盛りされている、これらはほとんど弁当奪取に成功した時にHP同好会の円卓で発生する、多くの場合佐藤洋の一人称のパートで始まる、これに入ったら「かっこ」で区分けされている「会話」だけを追って行こう、それでも筋は追える、
格闘シーンも同じ、戦いを文章化するのは誰がやっても無理、特にベン・トーはタイマンではなくバトルロアイヤルだし、百聞は一見にしかずで、また戦いに結局決着がつく事は読者も必然としている、よってこれも斜め読みしないと余計な時間を使うだけ、、、アサウラさん銃器について詳しいそうなので当然先輩作家の大藪春彦先生は読んでるはず、大藪作品では格闘シーンが頻繁に出てくるが長くは無い、すぐに勝敗がハッキリする、大先生はその事をよく理解していると思う、
後はセガのウンチクを佐藤洋にいろいろ語らせているが、wikiによるとアサウラさんはセガ信者の第一人者だと言うがこれも作者の自己満足にしかならないだろう、まあ私もインターネット老人会の一人だから部分的には面白く読んだが、この作品はラノベと言う事なので今の若い人たちにはちょっとキャッチアップ出来無い内容だと思う、なのでここらへんも読み飛ばし可、また男子高校生の熱い思いとか完全に脱線した部分も度々出現する、これも完全なふくらし粉なので読まなくても良い、面白くもないし、、、そうもう一度言う、全く面白くない、
ある巻のあとがきによると多くの巻で本来の文章はもっと長く毎回編集者に言われ半分とか1/3位は削っていたそうだ、いやいやまだまだ、
さて私の場合結局こう言う読み方に走った、しかいこれで困る事は無かった、

インフレーション理論
本来のシナリオだけ抜き取れば6巻くらいまでにまとまると思う、アニメ版はオルトロス編で終わっているが、あの後にHP同好会の過去に何が有ったのかを観ていき、最後のビッグイベントが魔道士と佐藤洋の対決と言うのが大まかなシナリオだ、これにアニメ等でよく有る平常運転回が加えられ、後は上で書いた様なふくらし粉パートによってインフレーションされている、
脱稿まで6年間かかっているが、11巻のあとがきによるとプロットは最初から持っていたと言う、
では何故こんなに長くなってしまったのだろうか?
おそらくこのラノベがすごいでランキングした事やアニメ化の影響で、以下省略、
アサウラさんには次回作を期待します、

トリビア
佐藤や魔女の通っている烏田高校だが、私立高でそれなりの学校だ、序列としては著莪が通っている丸富大学付属高校が少し上になっている、また登場人物たちはいつもゲーム等で遊んでいる様に描かれているが、学業成績は悪くはないと言う事が4巻か5巻に描かれている、主な登場人物は佐藤を含め全員上位、ちなみに学年第1位は烏田高校では白梅梅様、丸富高校ではあせびちゃん、
おカネ持ち人種も登場している、著莪はおカネ持ち、オルトロス姉妹もタワーマンションに住んでるし、あせびちゃんの親は病院経営、各巻背表紙には庶民派シリアスギャグと有るが、そうでもない、
佐藤洋の父親は自衛隊員、初期には機密情報を北に売っておカネを貰っているとか描かれているが、その手の逸話は登場しなくなった、ただのセガ愛好者としてしか表現されなくなる、
母親は永遠の14歳の少女を演じるネット民として描かれている、1日中パソコンに張り付いているそうだ、いずれもアニメ版には登場してはいない、と思う、

白粉花さんの弁当の捕り方
白粉さんは基本的には戦わない、その場の混乱を利用し、うまいこと弁当をかすめ取ると言う戦法を使う、4巻で登場したアフロヘアの毛玉も同じ、※8巻第3章より、
その後読み進んでいくと白粉花さんの独自テクニックが詳しく説明されるが、それが"未来を読んでいく"と言うモノ、しかしいくらフィクションと言えどもその他の狼たちのテクと比べてもこれはちょっと信憑性に欠けた、萎えた、なお白粉花も幽霊(ザ・ゴースト)と言う二つ名を貰っている、
ちなみに私の推しメンナンバーワンは白粉さん、理由はイラストが一番マトモだから、

アサウラさん年齢詐称疑惑
ベン・トー第1巻の巻末に24歳と紹介されているが、ホントだろうか?
セガのゲームに詳しく、6巻ではゲームギアについて語っているが、wikiによるとこの発売が1994年、年齢が正しいとするとまだ生まれる前だ、
物語を生み出す能力、妙に高い文章力、長いシナリオを指揮する構成力も相当なモノだ、
ホントに24歳が書いたのだろうか?

総評
よい、

イラストの柴乃櫂人さんもご苦労さま、

さて、この各話リストシリーズも今回でフィニッシュ、
10巻 表紙にはまだ見た事の無いボーイッシュな少女、、、これは以前に出てきていたウル
フヘアと言う高1の女の子、
1章 退魔師 戦わずにして勝つ白粉花さんにも幽霊と言う二つ名が付
いていたりする、
2章 恋する狼 その1
3章 恋する狼 その2 その1その2ともバレンタインデーあたりの話、佐藤洋のモ
テモテ話、平常運転、しかし巻末あたりに予告編有り、
時系列は佐藤洋視点で高1の3学期、
ふくらし粉が大量に入っているので注意、、、話が盛ってあると言う事、
11巻 表紙にやっと登場した佐藤洋、実はこの巻が最終回みたい、
1章 犬の群れ ついにフィールドに魔道士が登場する、
2章 友と呼べる敵 この章でホップステップして、
3章 群狼 これが事実上の最終回、
エピローグ 新たなる狼たち 説明は不要だろう、
時系列は佐藤洋視点で高1の2月後半、
アーサーが眠るこの地、と言う文章が出てくる、この地が半額弁当の聖地になっているらしい、そしてその後の説明ではアーサーはHP部の創立者、この争奪弁当戦起案者の様に描かれている、アーサーが誰かはここには記さないが、彼はアニメ版にも登場している、
あと白粉花さんの戦法は荒唐無稽すぎる、実感は感じられない、
この巻でベン・トーは結末をむかえる、ベン・トーはすべて下記のフレーズに集約される、

「私が泣いていてもお前は慰めてくれないのか?」

12巻 アサウラさんどうやら長いあとがきを書きたい様だ、
1章 ANの5時の読書会 白粉花さんのノベルのシノプシス、
2章 十分条件と必要条件 ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『3章 群狼』の翌日のお話です。
この巻はこの話が軸となる、魔女の話、
  3章 祝福されし妖精と名も
無き狼たち ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』より前のお話です。
3人の脇役のお話、茶髪はここでサヨナラする、
4章 ダブルスゲーム ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『エピローグ』の前の時間のお話で
す。
不愉快な話だ、編集の人が居るんなら、こう言うのを
載せるのやめろ、
5章 白梅家の人々 ※当作は『ベン・トー9.5 箸休め~濃厚味わいベ
ン・トー』第5章 『白粉花の年末』の前後のお話で
す。
白梅お父さんの話、
6章 マッチング ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『エピローグ』の前の時間のお話で
す。
白梅梅のお話、梅さんはここでサヨナラ、
7章 THE WORLD OF
 THE DEAD ※本作は『ベン・トー10 恋する乙女が作るバレンタ
インデースペシャル弁当350円』より以前の出来事
です。
鳥頭みことさんはここでサヨナラ、
8章 レット・イット・ビー ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『エピローグ』の前の時間のお話で
す。
魔女の妹はここでサヨナラ、
9章 インタビュー
ウィズ・洋 ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『エピローグ』の前の時間のお話で
す。
アイドル広部欄さんの話、
10-b章 シャガガガ ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『エピローグ』の前の時間のお話で
す。
10-a章 エピローグの
プロローグと
エピローグ ※当作は『ベン・トー11 サバの味噌煮弁当【極み】
290円』にある『エピローグ』の前後のお話で
す。
2章と2つの10章が当巻の本筋だが、解りにくい、仮にそうだったとしても、何なんだと思う、結末についてはここで書く事はしないが、ラストあたりの話に一貫性が有るのかどうかを私が断定出来無いのは、話が長すぎ、多くの部分を斜め読みをしているからだ、
詳しい事は後で読書ノートを書きますが、話は面白かったです、

8巻 表紙で初めて笑顔を見せる氷結の魔女
1章  シーリーコート アニメ版にも出てきていた茶髪の女性、彼女は烏田高校の
3年生なのだそうだ、サブタイトルは彼女の二つ名、アサウ
ラさんは狼に二つ名の付く理由をこの章で述べているが、
誰が彼女の命名したのかについては語っていない、
元気の無い白粉花さんを巡って、と言う話だがほとんど内
容は無い、毎巻第1章は遊びの様な話になっているらしい、
2章 サラマンダー 最強に最も近い狼

3章 カペルスウェイト 最強を倒す方法とは

現在の時系列は佐藤洋視点で高1の12月クリスマス直前、
けっこうさわやかな人間関係が描かれていると思う、それでいてクサくもないし、
なおこの巻で佐藤洋の二つ名が発表されている、
9巻 東北の街にかつてのHP部のメンバーが集結、
1章 東北のカナリア 白粉花さんの弁当奪取の具体例が描かれている、
2章 腰巾着 あまり意味は無い、
3章 大厄の闘牛士 かつて魔道士、魔女を育てたHP部の先輩からの言葉、彼ら
のために彼らを超えろ、

かつての烏田高校HP部は、全国にその名を轟かせる、ほど有名だったそうだ、
時系列は佐藤洋視点で高1の正月、
9.5巻 箸休め、アサウラさんのあとがきによると白粉花さんが表紙を飾るのは今回が最初
だそうだ、

1章 ボーダーをブレイク 東北遠征のあとの話だが、特に内容は無い、時系列は
佐藤洋視点で高1の3学期、スーパーの希望になれ、と
は?
2章 簡単な質問 沢桔姉妹の話、
3章 有明の狼たち 白粉花の話、同人誌を買いに行く、
4章 間食版「4」
『その、存在価値』 槍水仙高1時、
5章 白粉花の年末 有明の即売会で自分の同人本を売る話、白梅梅との出
会いも語られる、
『ANの5時の読書会(その1)』 白粉花さんのノベルのシノプシス、以下同じ、
6章 だいたいいつも
そんな感じ ※当作品を読むに当たってのご注意
 今回のお話にはこれといったオチはありません。佐
藤洋と著莪あやめの平常運転な日常をお楽しみくだ
さい。
 過渡な期待やこれ自体が前フリではないかという余
計な詮索は大変危険ですので、絶対におやめくださ
い。
 また当作は『ベン・トー7.5 箸休め~Wolves,be
 ambitious!~』の数日前の出来事です。
以上原文ママ、しかし7.5巻にWolves,be ambitious!と
言うタイトルは無い、
『ANの5時の読書会(その2)』
7章 間食版「5」『弁当』 魔女が腰巾着と呼ばれていた当時の話が出てくる、
8章 やっぱりいつも
こんな感じ ※当作品を読むに当たってのご注意
 今回のお話にも、やっぱりこれといったオチはあり
ません。佐藤洋と著莪あやめの平常運転な日常をお楽
しみください。
 過渡な期待やこれ自体が前フリではないかという余
計な詮索は大変危険ですので、絶対におやめくださ
い。命に関わる恐れがあります。
 また当作は『ベン・トー8 超大盛スタミナ弁当クリ
スマス特別編1250円』の翌日の話です。
『ANの5時の読書会(その3)』
9章 間食版「特別編」
『いい塩梅』 かつてのHP部が描かれている、
『ANの5時の読書会(その4)』
10章 波の音 ※当作品を読むに当たってのご注意
 今回のお話にはこれといったオチは(以下略)。
 また当作は『ベン・トー9 おかずたっぷり! 具だく
さん! 香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円』
の数日後の出来事です。
11章 白梅梅 白粉花と白梅梅の出会い等が語られている、
箸休めシリーズもこれで終わり、登場人物のいくつかの側面を見せてもらった、しかし私が思うにアサウラさんが意図的に描いていないのはズバリ永遠の14歳ネット民佐藤洋の母親、、、集英社じゃヤバくて書けないか!?

さて残り3巻、伏線では、佐藤洋と魔女、魔道士の戦いが暗示されている、HP部がHP同好会に降格した時の物語はまだ語られていない、
また細かい事を言えば、乱闘の目的は弁当を捕る事であり、最強を決める事では無いと言い切ってしまったアサウラさん、ここからどう物語を進めるのか?

6巻 待望の新展開と思ったが、
1章  スルーア 氷結の魔女も避けるスーパーの秘密とは?
2章
訓練犬 魔女の妹(10歳)が登場する、
3章
ガリー・トロット 名うての狼(ノーブラ)が登場、
現在の時系列は佐藤洋視点で高1秋、烏田高校の文化祭を軸に話は進む、
以下私の感想だが、
話の出だしは興味を持つが、結末はありきたりだ、ただ新たに出現した"敵"をやっつけてそれで終わり、オルトロス編の様な話の起伏に欠ける、
話は脱線が多い、
7巻 古狼と紹介される男から物語は始まるが、
1
ガンコナー ほとんど内容が無い、起承転結も無い、何が言いたいのか?
2章 ウルフズベイン 精神攻撃を仕掛ける狼の登場、
3
待望の魔道士が登場する、
時系列は佐藤洋視点で高1の11月、魔女の修学旅行中に現れたOG、かつてのHP部についてを明かしながら話は進む、
以下私の感想、話は読ませられるが、またまた脱線が多い、本筋だけに絞ったら三分の一くらいの内容ではないか、

良かったのはこの白粉花さんのイラストが可愛かった事、
7.5巻 箸休めシリーズその2、
1章 3.5倍 温泉旅行に行く話、前回の箸休めで出てきたサラリーマン
も登場する、話に特に主体は無い、
2章 間食版「1」『違い 槍水仙デビュー時の話、
のわかる狼』
3章 モモとカズラと ト書きには5.5巻~燃えよ狼~の数日前の話と有るが、5.5
巻にはその様なタイトルの話は存在しない、
4章 間食版「2」『桜色 槍水仙1年生の時の話、
のアレ』
5章 天使の贈り物 あせびちゃんの話、
※当作は『ベン・トー2 サンギ弁当295円』から『ベン・
トー 6 和栗おこわ弁当310円』の数日前にかけての出来事
です。以上原文ママ、
6章 間食版「3」『十人 仙と魔道士の論争、
十色』
7章 男子寮と従姉と ヲタ話、
バレンタインデ

8章 間食版「特別編」 修学旅行から帰った魔女、タイトルと内容が違うと思う、
『魔 女になった
少女』
9章 ある日の著莪あ 他のメンバーが温泉旅行に行っている時の話、
やめ
さて、現在までの伏線をまとめると、今後魔道士はどう活躍するのか、ハーフプライサー部がハーフプライサー同好会に降格した時点のその"深い"物語はどう語られる、

↑このページのトップヘ