すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

タグ:バス

ピックアップバンは満車だそうだ、おまけに高い事言うし、800RS、
手足の様に使っていたホテルのボーイに他を探させるとカトマンドゥ行きのバスが有ると言う、しかもすぐ出発するらしい、
ま、日中のバスなら景色が見られるので面白いかも知れない、安全性も高いだろう、
値段は600RS、チケットを買う、10:30am出発、

ルートは下記の様になる、Hetaudaから大きく西に回り込む、公式なルートはこれらしい、標高差が有るのでだんだんに山を登っていくしか無いみたい、これが10時間かかる理由らしい、



これがそのバス、

途中のドライブインで撮影、

中はこんな感じ、

バスは途中で客を乗り降りさせながら進む、、、作業員の集団が乗り込んできた時は超過載だったみたいでバスは遅く走った、

西の山に入ると景色は良いが安全では無い様だ、私は自分のと同じ様なバスが横転していたり渓谷に落っこちているのを目撃して青くなった、、、なおそれらの写真は無い、
o0300022513234147057
山間はこんな景色が続く、

いきなりドンと音がし私のバスもやっぱり事故った、夕方だが対向車と接触しミラーが破損、これで1時間以上遅延、

カトマンドゥに着いたのは9pm前、なるほどやはり10時間掛かる、
なおカトマンドゥではバスは西のKalankiと言うバスセンター(と言っても目印は無い)が到着地、町の中心までは行かない、タメルまではまだ遠い、

しかしこのバスセンターの並びにはゲストハウスがいっぱい有るのでそのまま泊まってしまった方が楽だ、400RS位、、、みんなwi-fi完備、しかし夜は早く10pmくらいにはまわりの飲食店や酒屋は閉まってしまうので注意、

空港ではタクシーの客引きも無い、有ってもしつこく感じない、

トリブバン国際空港、

空港バスも無いみたい、
プリペイドタクシーは有るそうだが私は使わない、

さてカトマンドゥの観光の中心地だと言うタメルを目指す、
日本で立ち読みした歩き方の通りRingRoadまで歩きThamel行きの乗り合いバスを探す、
西に5分位歩いてRingRoadのバス停、バス待ちしている人たちにタメルタメルと尋ねるとあれがそうだと教えてくれる、
料金は20RS、ルピーは空港で10ドル分だけ両替しておいた、
特に混んでいない、座れる、

しかし私のバスはタメルまでは行かなかった、途中でバスは終点になり全員降車、一緒に降りた青年にタメルはまっすぐ行って左に曲がれと教えられたので実行する、
20分位歩くとここがタメルらしい、

タメル中心部、

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

後でgoogle mapを見てみるとバスを降りたところはKanti Pathと言いこの辺りがカトマンドゥの中心地の様だった、

私が実際に使ったルート:2014/11/19~20
1、ホテル→フェリー、徒歩、タダ、
2、コタキナバル→ラブアン島、フェリー、
3、ラブアン島→セラサ(ブルネイのフェリーターミナル)、フェリー、2と合算で68.6RM、
4、セラサ→バンダルスリブガワン(ブルネイのダウンタウン)、ローカルバス、1B$、
5、バンダルスリブガワン→Terminal Bas Pujut(ミリの北側のバスターミナル)、インターナショナルバス、20B$、
6、バスターミナルの近く→ミリのダウンタウン、ローカルバス、1RM、

では詳しく解説する:
1、キタバルのフェリー乗り場は街の北側に有る、ムルデカ広場からでも歩いて15分くらい、

右側がチケットブース、正面の奥がフェリー乗り場、

2、フェリーのコンプレックスでは右手にチケットブースが並んでいる、No.4がラブアン島/ブルネイ行きのブース、遅くとも7時30分くらいまでにはチケットを買おう、私が買ったチケットはラブアン島までがファーストクラス、ラブアン島からブルネイまでがセカンドクラスだった、出港は8時00分、午後にも1便有るがブルネイに行くなら午前便に乗らないといけない、この点は後述、
ブルネイにはバスでも行けるそうだが、今回フェリーで正解だった、フェリーの場合信号も無くグイグイ進んで行く、

これに乗る、

ラブアン島には11時頃に到着、ここははまだマレージア内だ、次に乗るブルネイ行きのフェリーは1時30分なのでだいぶ時間が有る、食事を取れる、
必要な人はここで酒とかタバコを買おう、ブルネイの免税範囲は酒は1リットルを2本まで、タバコは免税が無いみたいなので1箱くらいを隠し持って行く程度が良いと思う、
1時過ぎになったらマレージアの出国準備、イミグレを抜けフェリーに乗る、

3、セカンドクラスは船の下の方の席なので外は空しか見えないのでつまらないが1時間位なので我慢しよう、

1時間くらいで着いてしまう、

実際に3時前にはセラサに到着、ブルネイに入国、エントリーカード有り、特に問題無く入国可能、荷物はX線検査有り、タバコを1箱持っていたが何も言われず、

4、セラサからバンダルスリブガワンはかなりタフ、
イミグレを抜け外に出ると何も無い、良く見ると一角に両替屋が有るだけ、その先にバスターミナルかタクシー乗り場みたいのが有るが人も居ないし乗り物も無い、、、タクシーの声掛けも来ない、
こんな感じ、

一応ブルネイドルの小銭が必要だろう、

両替屋でBDを用意しておく、11RMで4BD、、、写真は私では有りません、

さて、どうしたものか?
何人かに訊いてみるとバスルートはアウトサイドだと言う、このコンプレックスには乗り入れて居ないと言う事か!?
グーグルマップを見るとそのまま西に向かうと大通りが有るみたいだ、民家しか無く人も歩いていない通りを歩く、500mくらい、
で、大通りにコンビニみたいなスーパーを発見、

コーラを買いバスについて訊いてみる、バスは1時間に1本だそうだ、次のバスは4時頃らしい、まだ1時間も有る、しかし仕方無い、待つ、

結局バスが来たのは4時半頃、バンダルスリブガワンまで行くと言う、
しかしこのバスはフェリー乗り場の近くのMuara Town Bus Stopと言うバスストップで終点だった、ここからバンダルスリブガワンまで向かうバスがまた別に有る、乗り換えるが料金は最初のバスに払っているので余分にはかからない、チケットを持っておく事、30分くらい待ってから出発した、5時過ぎ、

山有り海有りを抜け6時前にバンダルスリブガワンに到着
と言う時間に到着するのでキタバルからは朝出発しないとダメなのだ、

と言う訳でカシコイやり方としてはフェリー乗り場からMuara Town Bus Stopまで歩ってしまえば良い、グーグルマップが無いと難しいが、約1.5km位なので歩けない距離では無い、でこのバスストップからバンダルスリブガワンへのバスに乗れば1時間以上早く着ける、

この39番がバンダルスリブガワン行き、

5、翌日はミリに出発、インターナショナルバスは1時発、場所はローカルバスターミナルの南側の川沿いの通りにデラックスバスが何台か停まっているところ、1時近くになると人が集まってくるので「ミリへ行くのか?」と訊いておこう、

時間になるとバスが来る、

チケットは無く乗ってから料金を払う、パスポートを見せろとも言われる、
4時半頃には両国のイミグレを通過、
ミリの北側バスターミナル;Terminal Bas Pujutに着いたのが6時前、

6、さてこのバスターミナル、通りから奥まったヘンピなところに有る、

いろいろブログを見てみるとタクシーでダウンタウンに行けとか書いて有るが私はタクシーに乗る身分では無い、

路地をクネクネ歩き、北側の大通りまで出よう、Jalan Miri pujutと言う通り、この道にはバスが走っている、
マレージアのバスは手を挙げればどこでも載せてくれる方式では無い、歩道橋のところにバス停が有るのでそこで待とう、

これがバス停、

で、するとどのバスに乗るかと言う話になるが、
一番の中心部に行くバスはNo.6266だ、乗ったバスはまっすぐ南下する、20分位すると右折するので最初のバス停で降りよう、この通りがJalan Merbau、西に見える白と青のホテルがMEGA HOTEL、今だいたい安宿街の中心に居る事になる、

hv a cheap trip!

Vinhには2つバスターミナルが有る.
google mapを見て下さい(Vinh, Nghe An province, Vietnam).
☆型の建物が見えるがその右側の太い道がVinhのメインロード、で目を上に追っていくと左側にBUSのマークが有るがこれが1つ目、ハノイからのバスはここに到着する.
2つ目はそのメインロードを南下すると入り組んだ道の中にBUSのマークが有るがこれ、ラクサオ行きのバスはこのターミナルから出る.実際に歩いてみると下の様な建物が有るのでその裏だ.

CHO VINHと書かれた大きな建物、中は小売店がいっぱい.

この南のバスターミナルからラオスのビエンチャンとターケーク行きのバスが出ている.

英語も全然通じないし貼ってある時刻表もアテにならない様だったが何とか朝6時に出発だと情報を得る.
翌朝5時半頃行く、薄暗い中バスは1台しか無い、あれかな?事務所には人は居ないしやってるのは売店だけ.
私は「ラクサオ、ラクサオ」と連呼し訊いてみたがどうも良く判らない、しかし何か「待ってろ」と言っている様な感じ.

バスにエンジンが掛かったのでドライバーに「ラクサオ」と言ってみるがこれでは無いらしい、このドライバーも「待て」と言う様な感じ.

で、そのバスはどこかへ出発、6時過ぎ別のバスが来てドライバーに同じ様に訊いてみる、「ビエンチャン、ラクサオ」と言う、これらしい.
後からこの写真を見ると"VENGCHAN"と書いて有る.

6:50amバス出発.
7:30am乗り換えが必要みたいでみんな降りる、私も降りる、違うバスが待っているので乗り換える、やっぱり「ラクサオ、ラクサオ」と確認は必要.

これが乗り換えたバス(ラクサオで撮影).

10:00amちょうどにボーダーに付く、"ラオス以外の国は近くに無いんだから間違え無いだろう".

ベトナム側に出国税を20,000dong払うみたいだ、皆払っている、私は残り18,000しか持っていなかったのでマケてもらう、特にレシートは出ない.
出国したら1度バスに戻り数百メートル走るとラオス側のイミグレが有る、こっちは7,000kip、レシートが出る.

ラオのイミグレ.

とりあえず国境越えは完了.
ラオに入ってからも同じバス、乗り換えは無い.
ラクサオまでは山道を1時間位走る、昼前には到着.

===

ついでにラクサオについて書きましょう.

LAK SAO、LAK20とかも言うそうだ.町からは上の写真の様に双頭の山が見える、、、それだけで特に何も無い、ラオの単なる田舎だ.
町は500m四方位、ホテルは4件(私の泊まったところは60,000kip)、銀行1個、食い物屋は少なくインターネット屋は1件も無い、雑貨屋や食料品店は有るが夜は早く6時頃になるとほとんどの店は閉まってしまう.

時折白人を見かけるが彼らが何をしに来ているのかは不明だった、郊外に見所が有るのだろうか❓
私は国境の町と言う理由だけで来てみたが翌日早々に町を出た.

どんな田舎の空港にもバスは存在する、何故なら空港の従業員が居るからだ.
キングストンの空港からダウンタウンへバスで、50円位.

写真はバスの車内、クロンボがいっぱい.


2006/12/02

↑このページのトップヘ