すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

タグ:酒

ジャカルタでは皆んなビールを飲んでいる、
セブンイレブンやローソンと言ったコンビニで売っている、よく冷えている、値段は500mlで25,000ルピア位、

街なかで飲んでいる人たち、

ビールだけではゲップが出てしまうがインドネシアでは5%を超える酒類の販売は禁止だそうだ、よって強い酒が欲しい人はアンダーグラウンドや正規の免税店を利用する、

アンダーグラウンド
食料品店や雑貨屋で買えるらしいが聞いてみてもみんな無いと言う、しかし私の場合ひょんな事からメっけた、以下日記から、
ニコッと笑ったおっさんから「do you like なんとか?」と声を掛けられた、何かの客引きだ、無視したがすぐ振り返ってこちらから聞く、「do you know some whisky shop?」、おっさんは「OK、OK」と繰り返し付いて来る様にしぐさをした、危ないパターンなのだがまあまだ日も明るいし、、、歩って5分、黄色い雑貨食料品屋、

ここで売ってる、

カラスケース越しに居る店主らしいおばさんは自分の後ろの棚の足元を指さす、ウイスキーやウオッカ、ジン等が列んでいる、目立たない様に売っているらしい、
みんな350ml入のポケット瓶、どれももMANSION HOUSEと言うラベル、値段は100,000ルピアだそうだ、「高ッ!」、日本円で900円以上だよ、まあだまされたつもりでウイスキーを1本買ってみる、
カネを払うと客引きのおっさんも手を出す、案内して貰ったんだからチップを払うべきだろうな、20,000ルピア出した、

MANSION HOUSEに注意

これが買ったそのMANSION HOUSE、

外に出て良く見てみるとキャップのところに80,000RSと書いて有る、ハハハ、やられた、
ホテルに帰ってネットで調べてみるとMANSION HOUSEとはインドネシアの酒造メーカーらしい、インドネシア産ウイスキー
しかし私の買ったのとはラベルが違うな、と思っているとその内こんな記事に遭遇、
このウイスキーだが、偽物が存在する様だ、そして私の買ったのはこの偽物とラベルが同じじゃないか!
また密造酒騒動だ、もうコリゴリ、イスラム圏はどこ行ってもこうだ、、、メタノールに注意、
(中略)
結局飲んでしまった、味はまあまあだったと書いて有る、目も大丈夫だった、

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚* おまけ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

免税店については詳しく書いている人がたくさん居るので解説は省略するが、私が今回買ったのはこれ、ゴードンズのトラディショナルジン、

GORDON'S LONDON DRY GIN、750ml、

値段は935,000ルピア! 、、、と言っても驚かない
日本に帰ってカードの請求を見ると9,030円だった、、、どうだ驚いたか!?

ちなみに酒税抜きの蔵出し価格は日本円だと1,000円ちょっとのはず、

スリランカの酒場はたいがい酒屋と一緒になっている場合が多い、酒屋の隣に通路が有り、店飲みする人はこっちって言う感じ.

酒はスーパーでは売っていない、買えるのは酒屋だけ、なので酒に有り付くにはまず酒屋探しをする訳だ.

しかし酒屋探しは苦労する、まず数が少ない、どっかに有るのは間違い無いのだが街の中心から外れたとこだったりして探しにくい場合が多い、場所が判れば後は近くに行けば人がいっぱい居るのですぐ判るのだが、人に聴かないとその場所自体が判らいない.
ホテルや近所の人に聴けばたいがい教えてくれるので特に問題は無いが、私の場合一度厳格なムスリムに訪ねてしまった様で、大声で怒鳴られた事が有ったが(whisky is bad)、、、あまり気にしない.

見つければ後はこんな感じだ:

お、酒屋有った、人がいっぱい居るのですぐ判る、

どんな酒が有るかな? 棚を見ておく、 BUGPIPER(ウイスキー)有るな、帰りに買ってこう!
酒場はこっちかな? "KOHUWALA BEER CENTRE"、2階の様だ、上がっていくとガタイの良いボスがデンと座ってこっちを睨んでいる、、、
こっちから声をかける、「hello」、
たいがいブッキラボーなモノなのだ、私は気にしない、
ボスの目の前には白いクーラーボックス、ビール君がいっぱい横たわって居る、
ここでボスから声がかかる、 「big one or small one?」 または 「strong or light?」とか、
「strong!」、答える、
「140」、ルピーの事だ、
カネを払うと若いボーイがストロングビアを1本取り出しポンと栓を抜いて渡してくれる、
奥に飲む場所が有る,、そこに移動する、

部屋はこんな感じ、暗い、この一言に尽きる、

流し台やグラスが有ったりする、自分でグラスを洗って飲む用意をする、
席に座り自分でビールを注ぐ、

写真の様に一人で来ている客がほとんど、皆んな静かに粛々と飲む、
この国では飲酒は後ろめたいのだ、

タバコは吸える、喫煙者は多い、

一杯飲み終えた私は流し台にグラスを、ビールの空ビンをケースに戻しキチンとお片づけ、部屋を出る、

ボスに「thank you!」、新聞を読んでいたボスはチラ見して軽く手を振る、

さて、今度は下の酒屋でウイスキーの小瓶を買って帰らないとナ、

買うのに特に苦労は無い、選び方は、皆んな買ってるヤツ、商品が多く置いてあるヤツが安い、

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

スリランカはインドと比べると大分落ち着いている、
またこれらの国々ではこの様に先払いなのでボッタクられる心配が無いので安心だ.

バングラデシュで簡単に酒が買える具体的な場所と種類/値段.

ダッカ、モティジール周辺
1、ホテルバイタスサミールの近く;<font color="#0000FF">PURBASHA BAR</font>.
ホテルから歩いて行ける、入口を出て左手の南北をつなぐ歩道付きの道を南に50m位行ったトコ.
完全なバー、買って店で飲んでも良いし(店のみでもキャッシュオン、その都度お金を払う)ボトルで売って貰って持ち帰っても良い、
午後からか夕方からやってるんじゃないか?金曜定休.

BEER;HUNTER;150tk.
whisky/brandy/vodka;CAREW;750ml;1,300tk.
whisky/brandy/vodka;CAREW;375ml;650tk.
whisky/brandy/vodka;CAREW;180ml;330tk.

 
2Fに有る.

2、Osmani Uddanと言う公園の東;COSY CORNER.
公園をgoogle mapでcheckしよう、公園の東側の南北にのびる太い道の東側に100m角位のブロックが2つ有るが、そのどっちかのブロックのちょうど真ん中辺りの入り組んだところに有る、多分北側のブロックだと思う、暇な人がいっぱい居るので何人かに「whisky shop, cosy corner!」とか尋ねてみれば判ると思う.
ここは酒屋、ガードが厳重だが外国人は店内に入れてくれる、
昼頃からやってると思う、しかし夜は早く8pm前には締めてしまう、、、でも閉店後の客を待ちかまえている人達もおり、750mlのボトルを1,500tkだとかでofferしてくる事も、、、金曜日休み.

BEER;HUNTER;110tk位だと思う、まずいので買わない.
whisky/brandy/vodka;CAREW;750ml;1,150tk.

入り組んでいるところなので分かりにくい.

またダッカは広いので他の地区にも有ると思う.正式な店としては有名な、STL DUTY Paid ShopがGulshan1に有る.
なお、Old DhakaにはHindu系の人達が住んでるが訊いてみても無い/やらないと言う.

クルナ
3、new market手前;名称不明.
Upper Jossore RDを北西に行きnew marketを目指す、左手に写真の店が有る.
店主1人でやってるらしい、
午後からか夕方からやってるんじゃないか?金曜定休、店主の出かけてる時にはclosed.

whisky/brandy/vodka;CAREW;375ml;700tk.
※750mlは売っていない、beerも無いみたい.

クルナの酒屋はここ1件だけ.

コミラ
4、on Comilla Bypass Rd;NADAR TRADING.
中心地;グランドゼロのKandir Par;カントリーパー(発音不明瞭)から東に向かいChowk Bazar Bus Stationを目指そう、右手の目立たない店、写真参照、バスステーションまで行ってしまったら行き過ぎ.

whisky/brandy/vodka;CAREW;750ml;1,100tk.
750mlだけ、他のサイズやbeerは無い.

コミラの酒屋はここ1件だけ.

チッタゴン;情報はチッタゴン駅周辺だけに限定、Agrabad辺りにも有ると思うが探さなかった.
5、station Rd上西側、new terminalの近く;バー;名称不明.
完全なバー、にぎわっている、私は入ったみただけなので日記には値段の記録は無い.

6、BRTC circleの近く;酒屋;FORIEGN LIQUOR SHOP←スペルミスでは無い.
Station Rdを北に歩く、ロータリー(circleと呼ばれる)の有る交差点に近づくと左手に食料品類を扱っている問屋街が有り労働者で混沌としている、そこを入って行こう、突き当たりに有る.
小さな酒屋、おじいさんがひとりでやっている.

BEER;HUNTER;有るが値段不明.
whisky/brandy/vodka;CAREW;750ml;1,100tk.
whisky/brandy/vodka;CAREW;375ml;600tk.
whisky/brandy/vodka;CAREW;180ml;300tk.

写真は撮影禁止だそうです.

7、上の6の酒屋の近く;バー;RESTAURANT&BAR.
6の酒屋の前の道を北に30m位、すぐ判る.
小ぎれいなバー.

BEER;HUNTER;有るが値段不明.
whisky/brandy/vodka;CAREW;750ml;950tk.
ハーフでも売ってくれる、475か500tkだと思う.
 
有る有る.

コックスバザール;この街は1件だけ.
8、中心部に有るホテル;HOTEL RENAISSANCE.
Laboni Beach RdとHotel Sayeman Rdが交差するところ、ホテルの左側から入店、2F.
バーだけど小売りもする、しかし酒が異常に高い.

BEER;HUNTER;有るが値段不明.
whisky/brandy/vodka;CAREW;750ml;1,500tk ←高けぇ!.
whisky/brandy/vodka;CAREW;375ml;750tk ←750mlを半分に分けて売る.

右側がバーの入口、(写りの悪い写真ですね).

バンダルバン;この街は1件だけ.
9、Pharmacyの店主がこっそりと売ってくれる;店名不明.
場所は説明しにくいのだが、バスステーションを北に進むと街に出る、右手に役所みたいのが有るがそれを過ぎると西に橋の見える大きな交差点が有る、その交差点の東南角の西面の商店の並びを探そう、pharmacyが有る、うる覚えだが多分そこ、他の通りかも知れないが?

CAREW;750mlのみ;1,000tk.

街は混沌としている.

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:

国産酒の紹介.

酒の種類:
1、CAREWと言うバングラデシュ国産の酒造会社製の、
ウイスキー
ブランデー
ウオッカ
ジン
が有り、値段は販売店ではどれも一緒、ジンだけは20~30%高かったので私は買った事は無い.
良く飲んだのがウオッカ、他と比べてやや強いみたい、味は特に印象に残っていないが毎日の様に飲んでいたのは事実.

注意:
CAREWは開ける時アルミのフタが空回りして/くっ付いちゃって開かない事がほとんど、買った時に店の人にナイフで切って開けて貰った方が良い.

これがCAREW.

2、ビール、
HUNTERが有名、350ml、100~150tk位じゃ無いか!?
しかしこのビールまずい、炭酸が入っていてビール風なのは判るが水っぽい、5%って書いてあるけど実際にはその半分以下しか無いんじゃなイカ? これなら日本で売ってる88円の発泡酒の方が100倍マシ、よって最初にダッカで1本飲んだ後はもう買わなかった.

PURBASHA BARでの写真、常温で持ってくるので氷を入れたグラスについで飲む.

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:

私が2012年に訪問した地区だけですがだいたいこんなところです.
まあどれも似た様な感じの店ですがこれでもバングラデシュではグレーな場所なんでしょう、しかし我々外国人にはあまり関係は無い.

値段も上記の様に非常に高いです、これなら日本の方が安い.

この国は海外からの旅行者をほとんど見ませんでしたが、白人連中は飲んで騒ぐのが好きですからこの"ドライカントリー"で有ると言う事実が彼らを呼び寄せない理由なのかも知れません.

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:

BDには他に超高級バーや反対に超安い密造酒バーも有ります.

超高級の方は西側のバーをそっくりまねたモノで皆さん想像の通りです.
また、クラブと言うのも有りこれらは会員制の紳士達の社交場の様です、クルナにはクルナクラブ、コミラにはコミラクラブ、これらはアルコールがメインでは無くビリヤード、カードゲーム、乗馬とかを楽しむところみたい、またコックスバザールの海沿いのリゾートホテルにも高級クラブがいくつか有ります.
値段はビックリ、外国産の酒だけの提供で1本2/3,000tkから、平気で6/7,000tkとかも言われます、
それでもくつろいで飲んでるバングラデシュ人も居ますから最貧国と言われていても相当のお金持ちも居るんでしょうね.

密造酒バーについては実際に体験しましたので次回記事にします.

まずこの写真を見て下さい.

ウイスキーに有り付くにはココを突破しなければなりません.写真もちょっとぼけてますがこれは後ろからも押されているからです.

インド人の習慣では順番と言う観念は無い様です、アクションしたモノが勝ち.

インドは2度目、チェンナイも今回2度目ですが毎夕の酒の購入には苦労しました.
買うのはウイスキーやビールですが値札も無い、言葉で訪ねないとと判らないんですが見ての通りそんな悠長な雰囲気では無いです.

でも酒飲みたいし、何とかする訳です.

良くやったテクニックとしては100ルピー札持って何とかカウンターまでたどり着き直前に買えた人のウイスキーを指さし「same one! same one!」、同じの、と叫ぶ.
あとカラのビンを持って行ってこれをくれと言ったり、

値段は360ccのウイスキーで70~80rupees位.

酒屋によっては飲む場所を提供しているところも、

チェンナイの一般の人が飲む場所はこんな感じです、この写真の飲み屋は大きいです、セルフ、買った酒をここでおのおのカクテルして飲む訳です、テーブルにはごっそりとビンやゴミが溜まっていますが、相当溜まるまで掃除しないみたいです.

ついでにチェンナイのダウンタウンで一般の人がいっぱい居る辺り.


ウイスキーのポケットビンです.

2003/2/07Fri、kolkata、India.

65ルピー、しかしこの丁重な包装.
アルコールは WINE SHOP とかの看板の有る店で買えるのだが、あまりおおぴっらにやらないでくれと言うのがインドの雰囲気だ.

↑このページのトップヘ