すてぃんきー君の日記

「生きるための嘘や。天に在します御方も見て見ぬ振り、見逃してくださると思いますけどな」、、、モッキンポット神父

タグ:lao

このルートは本来インターナショナルバスを使えばそれで終わりだ、200バーツ、所要3時間半、しかし今回はミニバスを使って小刻みに移動してみる、理由は今回のラオス訪問はビザを取得しての入国のため、これをやった場合集団行動のインターナショナルバスでは他の入国者に迷惑がかかる可能性が有る、アライバルビザを取るのに時間がかかるかも知れないと言う懸念、

目次
1、ウボンラーチャターニーからチョンメックまでの移動
2、アライバルビザでの入国
3、ワンタオからパクセーまでの移動

1、ウボンラーチャターニーからチョンメックまでの移動
チョンメックとはタイ側の国境の街、Chong Mek ช่องเม็ก 、
9時過ぎにウボンラーチャターニーの北のバスターミナルに行ってみる、
乗り場は18番、ミニバンが有ったので聞いてみるとチョンメック行きだと言う、

乗れ、100バーツ、
なお、この日9時30分発のインターナショナルバスはfullだそうだ、
パッセンジャーはこんな感じ、

途中検問が有るが外国人は問題にしていない、警察はラオ人の密入国を警戒しているだけ、
途中フィブンで乗り降りが有り、チョンメックには1時間半くらいで到着、


2、アライバルビザでの入国
ラオスには何度か来ているが、今回は30日間滞在すると言う計画、よってアライバルビザを取って入国となる、
駐日ラオス大使館⇗ のホームページによると必要なモノは下記、
パスポート
写真2枚
30米ドル
アプリケーション;ダウンロード直林⇗

イミグレの建物に立つと窓口がいくつか見えるが、6番にvisa on arrivalの文字が、

まずエントリーカードを貰う、エントリーカード!と言って手を差し出す、ラオスではいつもこんな感じ、
さて上記に加えこのエントリーカードで書類はすべて、しかし心配事がひとつ有った、日本人はビザ無し入国が許されている、アライバルビザ入国と言う事を認識してくれるだろうか!?30ドル払っていつもの15日間スタンプしか貰えなかったらと言う懸念、
窓口は混んでいない、声を掛ける、excuse me、オフィサーに説明する、arrival visa、すると理解して貰えた様だ、how many days? この言葉が欲しかった、30days、カネを含め書類を受け取ったオフィサーは、no9、と言って片手で指を指す、9番の窓口で待てと言う事か!?
なお写真は1枚返してくれた、

3分、5分経つ、声を掛けてみる、my visa and passport、若いオフィサーはone moment,one moment、
しばらくしてパスポートを渡してくれた、中を見てみると、貼ってあるビザシールには私の名前が印字されている、

入国スタンプの滞在期限は30日後、

これで入国に成功!

3、ワンタオからパクセーまでの移動
ワンタオとはラオス側の国境の街の名前、Vangtao ວັງເຕົ່າ 、ここからミニバンでパクセーまで行ける、
イミグレの階段を降りるとミニバスが停まっているので外国人に声を掛けてくる、パクセー?

ミニバンは30分くらいでパクセーに到着、

料金は100バーツ、ラオキップを示すと30,000キップだそうだ、
到着場所はnew marketの前、

現在パクセーの片すみに居ます、2週間程度経過、

ホテル
VILAPHATH GUEST HOUSEと言うところ、Pakse new marketの西側に有る、ホテルカードも無い様なところだが1日100,000kip、

完全にラオ人用みたいで外国人は私だけ、
日当たりと風通しがよいのでなんとなく居付いてしまった、
東南角部屋で奥に有り人が前を通らないのがいい、

クーラーは有るけど使わない、私としてはファンルームの方が好みだった、
外のキッチンではコーヒーを自由に飲める、電気ポットも有りカップラーメンも可、サーバが有るので水ももらえる、

いつもツンツンしているメイドが毎朝メンテナンスシてくれる、いい加減なつけばいいのに、、、

また手持ちのラップトップをHDMI対応のTVに繋げば日本のネットTVも視聴可能、

と言う訳ですが私基準では快適です、

暑い/熱い
毎日気温は35度以上、スーパーに買い物に行っただけで帰ってくると汗の噴出、

しかしもうしばらく居る予定、現在2月、

観光地ではない
西の方に行くと西欧人を良く見るが、日本人はを含め東アジアのツーリストはほとんど見ない、
パクセーに観光スポットは無い、まったく無い、
検索するとパクセーの見どころとかを紹介しているページが出てくるが私には違和感しかない、こう言った文化や自然環境や宗教施設はこの地域のどこにでも有る、パクセーでしか見られないモノではない、

でも、パクセーはここに住んでみようと言う人には良いかも、

ゲームセンター
北にはモールが有り、1階の1角にはゲームセンターが有る、

紙幣しか無いこの国ではコインを買ってプレイする、カウンターに3,000と書いて有るので出してみると4枚のコインを貰えた、

遊んでいるのは上品な人びとみたい、親が子供を遊ばせてたり、大学生のグループデートとか、

私がUFOキャッチャーをやると注目された、コントローラーを指先に機械の側面に回り込み目視で微調整する、日本では当たり前のテクだが、
しかし彼らの表情を見てると、
「日本人はそこまでしてやるのか!?」
そんな声が聞こえてきそうだった、
なお、景品は取れなかった、

ピープル
この子どもたちすごくやんちゃでシャツも汚れてるんだけど写真ではそれは写らないみたい、
今彼らは学校が終わったところでこの後親たちのバイクが大挙して迎えに来る、

ある程度体がしまった年齢になると彼らはこのスポーツに熱中する、足でやるバレーボールみたい、

お酒を飲む年齢になると人気なのがビリヤード、ビアラオは常にかたわらに、

この語年齢がすすむと、、、この話はまた今度、

↑このページのトップヘ